ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 特別企画展「生誕150年記念 藤島武二展」

特別企画展「生誕150年記念 藤島武二展」 

藤島展タイトルロゴ
  • 会場内の温湿度と明るさは、作品の保存に適した値まで下げています。
  • 体温調節のできる服装でのご来館をお勧めいたします。

ふるさとで半世紀ぶりの回顧展

藤島武二は1867(慶応3)年、薩摩藩士の3男として鹿児島市池之上町に生まれました。18歳で上京、26歳からの3年間を三重県津市で中学校教諭として務めていますが、1896(明治29)年、黒田精輝の推薦で東京美術学校西洋画科の助教授に就任します。その後、晩年まで白馬会や文展、帝展などを舞台に話題作を発表し続けると同時に、アカデミズムの柱石として多くの後進を育てました。1913(大正2)年には初めて朝鮮を訪れ、以後東アジアの風物を意図的に取り上げるようになり、その新たな視点は画壇にも影響を及ぼしていきます。また、二度にわたる皇室への献上画、第1回文化勲章受章など、まさにわが国を代表する洋画家として活躍しました。

細部にとらわれずに本質をつかめという「サンプリシテ(単純化)」の教え、技術にばかりこだわらずにまず自己を把握せよという「エスプリ(精神)」の戒め、あるいは西洋と東洋、古典と現代的表現といった相反するもの同士の融合をめざした藤島の理念は、没後70年以上を経た現在、広く社会一般にも大きな意義を持つものではないでしょうか。

今回の展覧会では、初期の明治浪漫主義の耽美的な女性像、留学時代の簡潔な人物画や風景画、転換期の典雅な横顔の美人画、晩年の抽象絵画に接近した力強い風景画など、各時代の藤島の代表作を展観するほか、書籍の装幀や雑誌の挿絵などのグラフィック・デザインの業績にもスポットを当てます。また、初公開となる作品や資料等に加え、日本画や油彩画の内外の師匠の作品も併せて、約150点を展示することで、藤島芸術を多面的にご紹介します。

 

藤島_チョチャラ

《チョチャラ》

1908-9年

石橋財団ブリヂストン美術館

藤島_糸杉

《糸杉(ヴィラ・ファルコニエリ)》

1908-9年

石橋財団ブリヂストン美術館

藤島_うつつ

《うつつ》

1913年

東京国立近代美術館

藤島_匂い

《匂い》

1915年

東京国立近代美術館

藤島_カンピドリオ(左) 藤島_カンピドリオ(右)

《カンピドリオのあたり》

1919年

大阪新美術館建設準備室

 

藤島_大王岬

 《大王岬に打ち寄せる怒涛》

1932年

三重県立美術館

 

 藤島_港の朝陽

《港の朝陽》

1934年

東京国立近代美術館

 

 藤島_蒙古の日の出

《蒙古の日の出》

1937年

鹿児島県歴史資料センター黎明館

 

藤島_耕到天

《耕到天》

1938年

大原美術館

 

 

 

会期

2017年9月29日(金曜日)~2017年11月5日(日曜日)
休館日:10月2日(月曜日)、10月10日(火曜日)、10月16日(月曜日)、10月23日(月曜日)

会場

鹿児島市立美術館

観覧料

一般:1,000円(前売り700円)

高大学生:800円(前売り500円)

小中生:600円(前売り300円)

  • 20名以上の団体、年間パスポート提示者、障害者手帳提示者は、前売り料金でご覧いただけます。
  • 本展の観覧券で、同時開催の「秋の所蔵品展 特集:わが師の思い出~藤島武二に学んだ画家たち~」もご覧いただけます。

チケット販売所(販売は8月29日から)

ファミリーマート(e+〈イープラス〉http://eplus.jp

セブンイレブン・サンクス(チケットぴあ〈Pコード768-588〉)

ローソン(ローソンチケット〈Lコード81395〉)
鹿児島市内プレイガイド(山形屋・生協コープかごしま各店舗・鹿児島市民文化ホール・各画材店)

主催

鹿児島市立美術館、南日本新聞社、KTS鹿児島テレビ放送

 チラシ

 チラシ(表面)(PDF:513KB)

 チラシ(裏面・割引券付き)(PDF:625KB)

 

 

関連イベント

記念講演会「藤島芸術の魅力―装飾性を中心に」※応募不要、無料

  • 開催日:10月15日(日曜日)
  • 時間:14時から15時30分
  • 講師:島田紀夫氏(実践女子大学名誉教授)
  • 場所:当館地下講堂

 

記念ガイドツアー「藤島武二を訪ねる幕末明治のまち歩き」※要応募、定員20名

  • 開催日:10月9日(月曜日、祝日)
  • 時間:10時から12時
  • 講師:東川隆太郎氏(かごしま探検の会)
  • 定員:20名
  • 場所:藤島武二ゆかりの地(藤島武二宅跡、福昌寺跡ほか)

 

学芸講座「藤島武二と鹿児島」※要応募、無料、定員24名

  • 開催日:10月22日(日曜日)
  • 時間:14時から15時30分
  • 講師:谷口雄三(当館学芸係長)
  • 会場:当館地下会議室

 

ギャラリートーク(当館学芸員による作品解説)※応募不要、要展覧会チケット

  • 開催日:10月7日、10月21日、11月4日(各土曜日)
  • 時間:14時から15時
  • 場所:展覧会場

 

交通アクセス

交通アクセスは詳細をご覧ください。

 

 

学校のための特別割引制度

本展覧会の鑑賞を授業や課外学習でご利用になる場合は、「学校のための特別割引」制度がございます。

詳しくは以下のファイルをご覧ください。

 

■ 「学校のための特別割引」制度について  word形式(ワード:50KB) PDF形式(PDF:858KB)

■ 「学校のための特別割引」制度の活用事例 word形式(ワード:33KB) PDF形式(PDF:507KB)

  Q&A word形式(ワード:26KB) PDF形式(PDF:386KB)

■  展覧会鑑賞のマナーについて PDF形式(PDF:326KB)

 

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

住所:〒892-0853鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409

e-mail

(迷惑メール防止のためメールアドレスを画像化しています)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上へ