ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「画家たちが描いた鹿児島-レガシーとなった風景」

小企画展「画家たちが描いた鹿児島ーレガシーとなった風景」

kagoshima-keimusyo 大橋城《鹿児島刑務所表門》1976年

会期

2017年11月10日(金曜日)~12月24日(日曜日)

会場

美術館2階、企画展示室

概要

 鹿児島の風景画といえば、まず桜島が浮かびますが、画家たちは桜島以外にも様々な郷土を描き、その当時の景色や風俗、文化をわたしたちに伝えてくれています。画家たちが描く風景画は、その時代、その場所を後世に残す歴史的な遺産(レガシー)とも成り得ます。
 当時、画家が訪れ、魅かれ、描きたいと思ったその「場所」に同じように立つことで、作品を味わう質が一段と深まるのではないだろうかという思いで構成する展覧会です。
 その「場所」とはどんなところで、今はどうなっているのだろうかなどと時の流れによる変遷を想像し、また、郷土鹿児島への愛着も更に深まるのではないかという熱い思いを抱き、画家が立ったであろうその「場所」に実際に出かけ、作品と現在の風景とを比較してみました。画家たちが見て感じ、そして、レガシーとなった鹿児島の魅力をぜひ味わってください。
★展覧会チラシ(PDF:1,100KB)

出品作品

① bounotsu-ido  ② renrakusen  

 

yoshino-terayama              

① 谷口午二 ≪坊津の井戸≫ 制作年不詳     ② 西山英雄 ≪連絡船≫ 1988年

③ 山下巌 ≪薩州吉野寺山図巻≫(部分)1959年

 

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

日時:11月11日(土曜日)、11月25日(土曜日)、12月9日(土曜日)、12月23日(土曜日)の14時から15時

場所:展覧会場

※ご参加には、観覧券が必要です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2017年10月14日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会