ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「さつま→かごしま~幕末、明治の郷土美術」

小企画展「さつま→かごしま~幕末、明治の郷土美術」

明治維新150年を目前にして、「さつま→かごしま~幕末、明治の郷土美術」を開催します。明治4年(1871)年の廃藩置県によって、薩摩藩は鹿児島県へと生まれ変わりました。むろん単なる名称の変更ではなく、明治維新は日本史上、最も大きな変革の一つでした。欧米列強からの外圧によって受け入れざるをえなかった日本の性急な近代化を、鹿児島の美術を一例として考えてみる展覧会です。
日本画では、御用絵師として長く幕府とともにあった狩野派の末裔としての小松甲川、四条派を伝えるとともに志士としても活躍した平山東岳、また、一時島津家に雇われ、新しい日本画の制作に邁進した狩野芳崖などをご紹介します。
一方で、西洋絵画はその迫真的な描写が衝撃を与え、多くの日本人画家が熱中していきますが、反動的な国粋主義のうねりなかで、変転していきます。ここでは初期洋画を代表する床次正精を追ってみましょう。
幕末から明治にかけて和歌で一派をなし、宮中での指導にもあたった桂園派があり、鹿児島からも多くの歌人を輩出しています。八田知紀、高崎正風、税所敦子らの書をご紹介します。
薩英戦争のなかで壊滅的打撃を受け、西南戦争後に製造が途絶えた薩摩切子、開国により、海外への輸出品としての需要が急増し、作風も変化していく薩摩焼など、工芸の世界も大きく変容していきます。ここでは、江戸時代の切子をはじめ、12代沈寿官や東郷寿勝などの薩摩焼を見てみましょう。
当館の所蔵品を通し、美術という視点から日本の近代化を垣間見ていただけたら幸いです。

展覧会チラシ

会期・会場

2017年12月26日(火曜日)~2018年2月12日(月曜日・祝日)

2階企画展示室 

出品作品

 

 ① 群老雅遊の図    ②床次「富士」

 

紅色切子蜘蛛の巣文皿   ④寿勝「錦手竪透虫籠」

 

①狩野芳崖≪群老雅遊の図≫紙本墨画着彩・屏風(六曲一隻)、制昨年不詳

②床次正精≪富士≫油彩・キャンバス、制昨年不詳

③≪紅色切子蜘蛛の巣文皿≫薩摩切子、幕末頃

④東郷寿勝≪錦手竪透虫籠≫さつま焼き、19世紀後期 

 

出品リスト

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

日時:1月13日(土曜日)、1月27日(土曜日)、2月10日(土曜日)の14時から15時

場所:展覧会場

※ご参加には、観覧券が必要です。

 

同時開催 

  • 会場は2階の常設展示室、観覧料は小企画展と共通です。

冬の所蔵品展 特集:生誕250年 木村探元~薩摩画壇の隆盛

会期:2017年11月28日(水曜日)~2018年1月21日(日曜日)

 

 

早春の所蔵品展 特集:島津家伝来のひな人形と薩摩の書画

 会期:2018年1月23日(火曜日)~3月18日(日曜日)

※ひな人形は3月31日(日曜日)まで展示します。

 

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2017年12月21日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会