ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 特別企画展「ミュシャ展~運命の女たち~」

特別企画展「ミュシャ展~運命の女たち~」2018年7月20日(金)~9月2日(日)

                                         

ミュシャ肖像 ミュシャ新HPロゴ 黄道

左より、アルフォンス・ミュシャ《写真「自画像(パリ)」》1898年、《ポスター「黄道十二宮」》1896年 ※すべてチマル・コレクション 

 

 19世紀末ヨーロッパで隆盛した芸術運動アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。ミュシャは

現在のチェコ共和国モラヴィアに生まれ、1887年にパリへ渡りました。その才能はパリで花開き、女優サラ・ベルナールを描いたポスター

など、装飾デザインの分野で華々しい活躍を遂げ、時代の寵児となりました。花や女性をテーマにした流麗な作風は「ミュシャ様式」として

人気を博し、現在も多くの人々を魅了し続けています。1910年以降はチェコに帰郷し、《スラヴ叙事詩》など故国への想いに溢れた制作活

動を展開しました。
 本展は、チェコのチマル博士のコレクションから、選りすぐりの作品約150点を鹿児島で初公開する展覧会です。ミュシャの人生を辿りな

がら、「ミュシャと女性たち」をテーマに、彼と交流し創作の源泉となった様々な女性たちの存在に光を当て、作品誕生の背景や知られざる

作家像に迫ります。リトグラフ(石版画)による装飾デザインの代表作はもちろん、貴重な初期作から晩年の作品まで、素描、水彩、油彩な

ど、ミュシャの多彩な表現をご紹介します。今なお色褪せない魅惑的な世界をご堪能ください。

 

★展覧会チラシ★(PDF:1,576KB)

★関連イベント★

 

ビスケット  ジョブ  装飾皿秋  スラヴィア部分  エリシュカ 

  1.                                 2.                                 3.                                              4.                            5. 

 

 1.《カレンダー「ビスケット・ルフェーヴル=ウティール」》1896年 2.《ポスター「ジョブ」》1896年 3.《装飾皿「秋」》1897年 

 4.《ポスター「スラヴィア保険会社」》(部分)1907年 5.《油彩画「エリシュカ」》1932年                     ※すべてチマル・コレクション 

 

会期

2018年7月20日(金)~9月2日(日)
 ※休館日7月23日(月)、7月30日(月)、8月6日(月)、8月16日(木)、8月20日(月)

会場

鹿児島市立美術館

観覧料

一般:1,000円(前売り700円) /高大学生:800円(前売り500円) /小中生:600円(前売り300円)

チケット販売所

 ※チケット販売は、6月20日(水)から

ファミリーマート(e+〈イープラス〉http://eplus.jp)

セブンイレブン・サンクス(チケットぴあ〈Pコード769-133〉)

ローソン(ローソンチケット〈Lコード81841〉)
鹿児島市内プレイガイド(山形屋・生協コープかごしま各店舗・鹿児島市民文化ホール・各画材店)

主催

鹿児島市立美術館、南日本新聞社、MBC南日本放送

企画

MBS

問合せ

鹿児島市立美術館
電話:099-224-3400 

お知らせ

会場内の温湿度と明るさは、作品所蔵者の意向により作品の保存に適した値まで下げています。                  ご理解のうえ体温調節ができる服装でのご来館をお勧めいたします。

下記の日に限り、本展ご観覧ため中央公園地下駐車場:セラ602に駐車された方へ60分間無料駐車券を配布します。

 ・8月11日(土祝)~15日(水)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
 ・9月1日(土)、2日(日)
 

関連イベント情報  

記念講演会 「装飾家としてのミュシャと画家としてのミュシャ」

 ※応募不要、聴講無料  本展を監修した講師を迎え、ミュシャの作家像について詳しくお話しいただきます。

  • 開催日:7月29日(日)
  • 時間:14時~15時30分
  • 講師:古谷 可由(よしゆき)氏(ひろしま美術館学芸部長・本展監修者)
  • 場所:本館地下講堂  

記念ワークショップ 「はじめてのリトグラフ」

 ※要応募 詳細・応募方法  ミュシャのポスターなどに用いられている版画技法「リトグラフ」で作品を制作します♪

  • 開催日:8月5日(日)
  • 時間:10時~16時
  • 講師:黒木 周 氏(版画家)
  • 対象:中学生以上
  • 定員:15名
  • 場所:本館地下アトリエ 

   講師による参考作品リトグラフ

  

夏休みワークショップ 「花の妖精のすみかをつくろう!~ミュシャ風ぬり絵とオブジェ~」

 ※要応募 詳細・応募方法  ミュシャの作品をイメージした塗り絵とオブジェ、2つの作品を作ります☆彡

  • 開催日:8月19日(日)
  • 時間:①10時~11時30分 ②13時30分~15時
  • 講師:星野 トウィンクル 氏(イラストレーター)
  • 対象:小学生以上(小3以下は保護者同伴) 
  • 定員:各回20名
  • 場所:本館地下アトリエ 

   講師による参考作品ミュシャオブジェ   ミュシャ塗り絵2

 

学芸講座 「パリ時代のミュシャとアール・ヌーヴォー」

 ※要応募 詳細・応募方法  作品画像をスライドで紹介しながら、テーマに沿ってお話しします。

  • 開催日:8月26日(日)
  • 時間:14時~15時30分
  • 講師:稲葉 麻里子(当館学芸員)
  •  定員:24名
  • 場所:本館地下会議室

ギャラリートーク(当館学芸員による作品解説)

 ※応募不要、要展覧会観覧券  展覧会場内で作品を鑑賞しながら、ツアー形式で見どころを解説します。

  • 開催日:7月28日、8月11日、8月25日(各土曜日)
  • 時間:14時~15時
  • 場所:展覧会場

学校のための特別割引制度

学校のための特別割引制度のご案内・申込書

  ・ワード版(ワード:34KB)

  ・PDF版(PDF:479KB)

学校のための特別展課題設定の例

  ・ワード版(ワード:25KB)

  ・PDF版(PDF:561KB)

学校のための特別展割引制度Q&A

  ・ワード版(ワード:19KB)

  ・PDF版(PDF:245KB)

展覧会鑑賞のマナー(鑑賞の事前指導等にご活用ください)

  ・ワード版(ワード:78KB)

  ・PDF版(PDF:672KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上へ