ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「初代館長 谷口午二」

小企画展「初代館長 谷口午二」

 鹿児島市立美術館は、九州内にまだ公立美術館がない1954年にオープンしました。その時に初代館長として東京から招かれたのが、谷口午二(1894-1987)です。鹿児島市出身の谷口は、東京美術学校西洋画科で黒田清輝、藤島武二、和田英作といった鹿児島出身の教授陣に直に指導を受け、卒業後もその親交は続きました。美術館が開館する以前は、早稲田工業高校などで美術講師を務めていましたが、就任後は帰鹿して職務に専念し、名物館長として活躍しています。1965年に美術館顧問となったあとも、鹿児島の美術界の中心人物として親しまれました。
今回の展覧会では、初代館長・谷口午二の業績を三つの側面から検証します。一つは、収集家としての側面です。多くの作家たちや関係者との交流のなかで、コレクションされた作品を紹介します。二つめは、随筆家としての側面です。時事的な美術批評なども記していますが、最もよく知られているのは「午二放談」に代表されるような、郷土作家たちに関するユーモアあふれるエッセイでしょう。今回はその一部を紹介します。三つめは、画家としての側面です。若き日には、鹿児島初の洋画団体・金羊会を主宰し、また、光風会展などにも出品し、活躍しました。谷口の作品や仲間たちの作品も紹介します。
当館の礎を築いた谷口午二の没後30年を記念し、その業績を多面的にご紹介する展覧会です。どうぞお楽しみください。

 

午二像  ②あさがお  ③N嬢

 

富嶽之図  ⑤スザンナ

 

①和田英作《谷口午二像》1925年、油彩・キャンバス

②谷口午二《あさがお》1936年、油彩・キャンバス

③谷口午二《N嬢》1935年頃、油彩・キャンバス

④木村探元《富嶽雲烟之図》1754年、紙本墨画・軸装

⑤有島生馬《スザンナ》1909年、油彩・キャンバス

会期

2018年4月1日(日曜日)~5月13日(日曜日)

会場

美術館2階、企画展示室

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

日時:4月8日(日曜日)、4月22日(日曜日)の14時から

場所:展覧会場

※ご参加には、観覧券が必要です。

同時開催

春の所蔵品展 特集:肖像画でたどる郷土の洋画

会期:2018年3月20日(火曜日)~5月20日(日曜日)

会場:美術館2階、常設展示室

 

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2018年3月28日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会