ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「祈りの美 生誕150年・新納忠之助~鹿児島の仏画とともに」

小企画展「祈りの美 生誕150年・新納忠之介~鹿児島の仏画とともに」 

新納忠之介は、明治から昭和にかけて、国宝あるいは国指定の重要文化財が大半を占める2,631点もの神仏像を調査、修復し、日本の文化財保存の基礎を築いた彫刻家です。制作当初の素材を保ち現状維持を旨とすることや、作品の保存状態を詳細に調査し記録することを重視したその修復理念は、「普通修理法」または「現状維持修理」と呼ばれる現在の文化財修理の原則に受け継がれています。
新納は、1868(明治元)年に鹿児島市に生まれ、20歳で東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。高村光雲から彫刻を学び、在学中から特待生に選ばれるほど成績優秀でした。卒業後はすぐに同校助教授に抜擢され、日本の伝統美術復興の中心にあった同校校長の岡倉天心から、廃仏毀釈によって破壊されたままの各地の仏像の調査、修理を依頼されました。創作への情熱と修復への使命感との間で苦悩した末、新納は自身の専門知識と技術を日本の古美術保存に捧げる道を選びました。そして修復の仕事に着手した直後、1898(明治31)年の天心の辞職に伴い同校助教授を免官された新納は、天心の勧めで日本美術院(現・美術院)創設に加わり、美術工芸の研究を主とする第二部の責任者となって、1954(昭和29)年に亡くなるまで神仏像の修復に邁進しました。
本展では、新納の生誕150年を記念し、調査、研究のために原像を模して作った作品(模刻)や石膏の形取り資料など、神仏像の修復に関わる作品、資料をご紹介します。また、1939(昭和14)年に郷里の鹿児島市が開設した「歴史館」(当館の前身)の開館記念展への関与がうかがえる直筆の手紙も初公開します。
同時展示の鹿児島の仏画と共に、新納が後世に残そうとした、祈りがもたらす美の造形をお楽しみください。

 

出品リスト(PDF:143KB)

 

 

niiro-amida  ②新納「大黒天」  ③niiro-tenjin  ④niiro-jikokuten

 

kujyakumyouou  ⑥anchinmandara  ⑦touha-left touha-center touha-right

 

①新納忠之介《阿弥陀如来像》制作年不詳、木

②新納忠之介《大黒天》1914年、木

③新納忠之介《法隆寺金堂天蓋の天人》制作年不詳、木・着彩

④新納忠之介《四天王(持国天)》1939年頃、石こう原型

⑤作者不詳《孔雀明王》南北朝時代、絹本着彩・軸装

⑥作者不詳《安鎮曼陀羅》江戸時代中期、絹本着彩・軸装

⑦等坡(とうは)《釈迦三尊像》室町時代後期、紙本墨画淡彩・三幅対

会期

2018年5月29日(火曜日)~7月16日(月曜日・祝日)

会場

美術館2階、企画展示室

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

日時:6月9日(土曜日)、6月23日(土曜日)、7月7日(土曜日)の14時から15時

場所:展覧会場

※ご参加には、観覧券が必要です。

 

同時開催

初夏の所蔵品展 特集:平成29年度新収蔵品

会期:2018年5月22日(火曜日)~7月8日(日曜日)

会場:美術館2階、常設展示室

 

夏の所蔵品展

会期:2018年7月10日(火曜日)~9月24日(月曜日・振替休日)

会場:美術館2階、常設展示室

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2018年5月30日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会