ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 特別企画展「生誕220年広重展」

特別企画展「生誕220年広重展」

広重展top

東海道五拾三次を描いた天才風景絵師

今年生誕220年を迎える歌川広重は、独特な構図の風景描写を得意とし、昔も今も多くの人々に愛され続けています。
本展では、代表作の保永堂版『東海道五拾三次』を全作品揃えるとともに、主要な風景版画作品合わせて約150点を展示します。

また、ゴッホが模写したことでも有名な『名所江戸百景』の「亀戸梅屋舗」と「大はしあたけの夕立」の2点も特別展示いたします。
見る者の心に響く広重の作品の魅力を再確認し、斬新で親しみやすい風景版画の世界をお楽しみください。 

 

歌川広重「日本橋 朝之景」

歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」

歌川広重「庄野 白雨」

「東海道五拾三次之内 庄野 白雨」

 

展覧会情報

会期

2017年3月24日(金曜日)~2017年5月7日(日曜日)
【※休館日3月27日、4月3日、4月10日、4月17日、4月24日】

会場

鹿児島市立美術館

観覧料

一般・大学生:1,000円(前売り800円)/小・中・高校生:500円(前売り400円)

チケット販売所

山形屋・コープかごしま各店舗・Aコープ主要店舗・高木画荘・大谷画材・集景堂・書林会館・
チケットぴあ(セブンイレブン/Pコード768-145)・
ローソン(Lコード82559)・
ファミリーマート・イープラス・
南日本新聞販売所(一部除く)ほか

主催

鹿児島市立美術館、南日本新聞社

特別協賛

光学堂

後援

鹿児島県、鹿児島県教育委員会

問合せ

南日本新聞社 事業部
電話:099-813-5053

10時から17時(土曜日・日曜日・祝日休み)

南日本新聞社「生誕220年広重展」の特設ページへ(外部サイトへリンク)

 

4月25日(火曜日)と4月29日(土曜日)から5月7日(日曜日)までの10日間は、中央公園地下の駐車場:セラ602(外部サイトへリンク)を利用して広重展をご観覧いただく場合、セラ602の90分間無料駐車券を差し上げます。

関連イベント

「生誕220年 広重展」記念講演会 

  • 開催日:3月25日(土曜日)13時30分から →4月15日(土曜日)13時30分からに変更になりました
  • 講師:神谷 浩 氏(名古屋市博物館副館長)
  • 場所:かごしま近代文学館文学ホール

聴講券が必要です。お問い合わせは、南日本新聞社事業部(099-813-5053)まで


ギャラリートーク(作品解説会)

  • 開催日:4月8日、22日(土曜日)各日14時00分から
  • 講師:山西 健夫 (当館副館長)
  • 場所:展覧会場

観覧券が必要です。

 

上へ