ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 令和2年度秋の所蔵品展

令和2年度 秋の所蔵品展 ミニ特集:静物画と構図

 基本的に自然の一部を切り取って見せるという側面の強い風景画や人物画と比べ、静物画はまったく異なるアプローチを取ります。テーブルなどの上に、何をどのように配置するのか、つまりモチーフを構成する時点からすでに制作は始まっているのです。
 花瓶や果物などの形作る構図、画面全体での色の響き合い、そしてどこにどのような光を当てるのか、画家は試行錯誤を続けます。その意味においては極めて人工的な絵画ジャンルであり、静物画がフランス語では、ナチュール・モルト(死んだ自然)と呼ばれることとも関連があるでしょう。一方で興味深いことに、構図を決めるに際しては、黄金分割のような定められた法則よりも描き手の勘の方が何より重要だという点が、多くの静物画家によって指摘されています。
 今回のミニ特集では、それぞれの静物画の構図を考察した解説キャプションも添えました。写実の限りを尽くした安達真太郎や伊牟田経正から、奔放な色遣いの堀之内一誠、抽象化を進めた山口長男まで、郷土ゆかりの洋画家たちによる静物画の競演をお楽しみ下さい。


※これまで当館では、所蔵品展ごとに一室を使って特集展示を行ってきましたが、郷土作家の作品をより多くご覧になりたいというお客様の声に応え、黒田清輝や藤島武二、橋口五葉などの展示点数を増やし、特集展示の方をコンパクトにまとめてお届けすることと致しました。今後とも所蔵品展をどうぞご愛顧ください。

■会期

2020年10月13日(火曜日)~ 12月20日(日曜日)

 

■会場

2階常設展示室

 

特集の主な展示作品

 adachi

 安達真太郎《ドライフラワー》1967年

 伊牟田・或る風景

 伊牟田経正《或る風景》1970年

 issei

 堀之内一誠《窓辺》1977年

 

その他、所蔵品展の展示作品

  ルノアール

 ピエール=オーギュスト・ルノアール《バラ色の服を着たコロナ=ロマノの肖像》1912年頃 

 城下絵図

 《天保年間鹿児島城下絵図》 鹿児島市指定文化財

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2020年10月11日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料
      ※毎月第3日曜日は小・中学生常設展示観覧料無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会