ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール > 小企画展「生誕120年 宮之原兼ー清新なる陶芸」

小企画展「生誕120年 宮之原謙ー清新なる陶芸」

宮之原チラシ 鹿児島市に生まれ幼少期を過ごした宮之原謙(1898~1977年)は、現代的な感覚を反映させた清新な作風で日本の陶芸界に足跡を残しました。生誕120年の節目に当館所蔵作品から変遷をたどり、その魅力を見つめます。
 宮之原は早稲田大学建築学科を病のため中退した後、近代陶芸の巨匠である二代宮川香山に師事し陶芸の道へ進みました。1927年には二代宮川、板谷波山らを顧問とする「東陶会」の結成に参加、作家としての創作活動や芸術性の追究といった近代陶芸の姿勢を継承しました。
 宮之原の作品は多様な表現技法、個性豊かな図案に彩られています。戦前は彫文(ちょうもん)や象嵌(ぞうがん)などの精巧な技術を駆使した構築的な作陶を行っていましたが、戦後は「彩盛磁(さいもりじ)」と呼ばれる優美な色彩と艶消しの釉薬による柔らかな表現を生み出し、新境地を開きました。                   作品にはアール・デコのスタイルに影響を受けた幾何学的な意匠、自然界の花や鳥、そして建築物や宇宙、スポーツなど独特のモチーフも登場します。器形、表現技法、図案が一体となって織りなす陶芸の世界をお楽しみください。                                                   上:象嵌磁泰山木大皿/1976年                              

                                         左下:彩盛磁パラボラ文香炉/1976年   右下:彩盛磁海女壺/1952年

 

1.宮之原1  2.宮之原3  3.宮之原2 

 

4.宮之原5  5.宮之原6 6.宮之原4

1.赤鉄結晶釉竹文壺/1929年 2.釉彩鳥花瓶/1961年 3.窯変釉百合彫文壺/1964年 

4.彩盛磁牡丹唐草壺/1971年 5.金彩モスク壺/1972年 6.青磁香合「梅」/1975年   ※すべて鹿児島市立美術館蔵

 

★展覧会チラシ(PDF:916KB)

会期

2018年12月26日(水)~2019年2月11日(月・祝) 

会場

鹿児島市立美術館 2階 企画展示室

関連イベント

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

日時:1月12日(土)、1月26日(土)、2月9日(土) 各回 14時~15時

場所:展覧会場

※申込不要・ご参加には展覧会観覧券が必要です。

同時開催(観覧料共通・2階 常設展示室)

冬の所蔵品展 特集:巨匠たちの腕くらべ「雪景色」

会期:2018年11月27日(火)~2019年1月20日(日)

早春の所蔵品展 特集:マチスの新境地 ≪ジャズ≫

会期:2019年1月22日(火)~3月17日(日)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2018年12月13日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会