• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > よくある質問 > 手当・助成 > 【市町村民税非課税世帯・未就学児のこども医療費助成】窓口で医療費(保険診療の一部負担金)が無料にならないのはどんなとき?

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

【市町村民税非課税世帯・未就学児のこども医療費助成】窓口で医療費(保険診療の一部負担金)が無料にならないのはどんなとき?

質問

窓口で医療費(保険診療の一部負担金)が無料にならないのはどんなとき?

回答

医療機関等の窓口で受給者証の提示がない場合、県外の医療機関等を受診した場合は、現物給付方式の対象になりませんので、一旦窓口で一部負担金を支払い、市役所の窓口で領収証を助成金支給申請書に添えて提出してください。後日、指定の口座へ助成金が振り込まれます。
また、治療用の補装具を作った場合も、一旦支払いを済ませた後に、市役所の窓口で医証(医療機関等で発行)・補装具の領収書・支給決定通知書(健保組合等で発行)を助成金支給申請書に添付し提出してください。後日、指定の口座へ助成金が振り込まれます。
なお、申請書の受付は、原則、診療を受けた月の翌月以降となります。
助成金支給申請書は、「こども医療費申請書」のページからダウンロードできます。

お問い合わせ

健康福祉局こども未来部こども福祉課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1261

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?