• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > よくある質問 > 税金 > 個人住民税 > 配偶者と死別もしくは離別した場合の寡婦(寡夫)控除を受けられる人はどのような人ですか。

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年12月28日

配偶者と死別もしくは離別した場合の寡婦(寡夫)控除を受けられる人はどのような人ですか。

質問

配偶者と死別もしくは離別した場合の寡婦(寡夫)控除を受けられる人はどのような人ですか。

回答

【令和2年度以前】

寡婦控除(夫と死別もしくは離別した場合)
1.夫と死別(離別)した後婚姻していない人で、扶養親族又は前年の総所得金額等の合計額が38万円以下の生計を一にする子(他の者から同一生計配偶者、扶養親族とされている者を除く)を有する人。
(本人の所得制限はありません。)

2.夫と死別した後婚姻していない人で、前年の合計所得金額が500万円以下である人。(扶養親族等の有無は関係ありません。)


寡夫控除(妻と死別もしくは離別した場合)
妻と死別(離別)した後婚姻していない人で、前年の合計所得金額が500万円以下であり、前年の総所得金額等の合計額が38万円以下の生計を一にする子(他の者から同一生計配偶者、扶養親族とされている者を除く)を有する人。

※納税義務者自身が寡婦(寡夫)に該当するかどうかは、前年12月31日の現況によって判定します。

【令和3年度以後】

税制改正により、未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直しが行われました。詳しくは下記のリンクを参照してください。

■お問合わせ先
市民税課099-216-1174~5
谷山税務課099-269-8421
伊敷税務課099-229-9736
吉野税務課099-244-7392
吉田税務課099-294-1213
桜島税務課099-293-2348
喜入税務課099-345-3759
松元税務課099-278-5416
郡山税務課099-298-2115
東桜島税務係099-221-2112

お問い合わせ

総務局税務部市民税課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1174~1175(賦課第1・2係)

ファクス:099-216-1177

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?