• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > よくある質問 > 浴槽や洗い桶等に青い色がつくのはなぜですか。

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

浴槽や洗い桶等に青い色がつくのはなぜですか。

質問

浴槽や洗い桶等に青い色がつくのはなぜですか。

回答

青い着色を起こす原因物質として銅が考えられます。
水道水には銅は含まれていませんが、湯沸かし器や給湯器には配管材として銅が使われていることがあります。これからわずかに溶出した銅と石けんの脂肪酸等が反応して銅石けんができることによって、青く着色します。

市販のアルカリ性洗剤を少量滴下してからスポンジなどでよくこすり、食酢で中和して水で洗い流してください。

お問合わせ先
水道局河頭浄水場水質係099-238-2555
水道局滝之神浄水場水質係099-247-1997
水道局平川浄水場水質係099-261-7219

お問い合わせ

水道局水道部配水管理課 水質係

〒891-1205 鹿児島市犬迫町1272-1

電話番号:099-238-2555

ファクス:099-238-4488

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?