• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 子育て・教育 > 保育所・幼稚園・認定こども園など > 保育所等 > 新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言発令後の保育所等の利用

ここから本文です。

更新日:2020年5月21日

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言発令後の保育所等の利用

新型コロナウイルス感染拡大防止のための登園自粛要請期間の延長について

本市では、4月25日(土曜日)から5月6日(水曜日)まで保育所等を利用するお子様への一層の感染拡大防止及び保育従事者の負担軽減を図るため、家庭での保育が可能な方については、登園を控えていただき、できる限りご協力いただきますようお願い申し上げたところでございます。
登園自粛期間につきましては、5月31日(日曜日)までとなっております。保護者の皆様におかれましては、ご不便をおかけしますが、感染拡大防止のために引き続きご協力くださいますようお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大防止のための登園自粛要請期間の延長について(PDF:123KB)

登園自粛要請の対象となる方

市内の認可保育所、認定こども園(保育所機能)を利用する保護者のうち、家庭での保育が可能な方(保育所等の利用が必要な方に登園自粛をお願いするものではありません)。

登園自粛をお願いする期間

令和2年4月25日(土曜日)~5月31日(日曜日)(状況によって変更する可能性があります)

登園自粛中の保育料の取り扱い

家庭での保育を行った日において、月額の保育料を軽減(日割り)します(家庭での保育を行った日は、日曜・祝日を除いて計算します)。

計算方法

軽減後の保育料=月額保育料×((該当月の開所日数-家庭での保育を行った日)/25)

軽減の方法

保育所については、原則軽減した分を以後の保育料へ充当する(充てる)ことにより調整します(保育料を直接施設が徴収している認定こども園については、施設からの案内をお待ちください)。
施設から市役所に対象期間中の欠席日数を報告することにより調整しますので、保護者の方が市役所に行わなければならない手続きはありません。
充当できない方は保育料を還付(お返し)することにより対応しますが、その際の手続きは市役所から連絡させていただきます。

3歳以上児の副食費(おかず代)の取り扱い

各施設にお問い合わせください。

お問い合わせ先

登園自粛に関すること

保育幼稚園課企画係099-216-1223

保育料の取り扱いに関すること

保育幼稚園課給付指導係099-808-2662

登園の際に保護者の皆様へお願いしたいこと

保育所等へ登園される際は、ご家庭で以下のことに気を付けてください。
登園に当たっては、登園前に、ご家庭でお子様の体温を計測し、発熱(内服中を含みます。以下同じ。)や呼吸器症状(以下「発熱等」といいます。)が認められる場合には、利用をお控えください。
なお、小さなお子様は平熱が高い場合もありますので、判断に悩む場合はかかりつけ医や保健所などにご相談ください。
以前に発熱等が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでの間も登園をお控えください。なお、このような状況が解消した場合であっても、引き続きお子様の健康状態に気を付けてください。

お問い合わせ先

保育幼稚園課企画係099-216-1223

緊急事態宣言発令に伴う求職活動の支給認定期間について

通常、求職活動で保育の必要性の認定を受けた保護者の支給認定期間は、90日を経過する日の月末までとなっていますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、就労等が困難な状況にあると思慮されることから、国の緊急事態宣言発令日時点(令和2年4月7日)において、すでに求職活動の認定を受けて入所している保護者については、支給認定期間を一律7月末まで延長することとします。

お問い合わせ先

保育幼稚園課利用調整係099-216-1258


よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども未来局 保育幼稚園課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1223

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?