• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2022年5月1日

世界遺産どんぐりの森づくり体験

世界遺産寺山の森再生に向けたどんぐりの植樹体験を行います。

令和元年7月の土砂崩れでは、炭窯の周辺にあった多くの樹木も失われました。今回、斜面地の復旧に伴い、失われた寺山の森の再生に向けた第一歩として、どんぐり等の植樹を行います。

  • 期間:令和4年5月28日(土曜日)14時~16時雨天中止
  • 集合場所:寺山ふれあい公園
  • 定員:20人(応募者多数の場合は抽選)
  • 申込み:下記の申込みフォームから必要事項をご入力いただき、申込みください。
  • 寺山炭窯跡の災害復旧については左記寺山炭窯跡の災害復旧
  • イベントの詳細は下記の通りです。

1.どんぐり苗を植える目的

幕末、木炭の材料となるシイやカシがたくさん生えていた寺山に炭窯が作られました。これらの樹木にはどんぐりが実りますので、炭窯は「どんぐりの森」の中に作られたとも言えます。遺跡となった現代でも、炭窯の周辺には、シイやカシの森が広がっていました。しかし、2019年の土砂崩れによって多くの樹木が失われてしまいました。

どんぐり苗を植えることにより、かつて炭窯周辺に広がっていたシイやカシの森を再生することを目的としています。

terayama

寺山炭窯跡前で芽を出したどんぐり(R3.9.15)

2.植樹に使う苗

地域生態系に配慮した森づくりを行うため、寺山の周辺で採取し、育てたスジダイやマテバシイ、アラカシなどの苗を植樹に活用します。

これらの苗は、鹿児島市内の8中学校の「みどりの少年団」の皆さんが大切に育てたものです。もともと、「桜島どんぐりころころ植樹祭」で植樹するために育てられたものでしたが、2021年をもって植樹祭の活動が終了したことに伴い、本市が譲り受けたものです。

また、寺山に広大な演習林を有する鹿児島大学教育学部の川西研究室の皆さんにより、採取・育苗された苗も活用します。

ikubyou

 

3.2025年(世界遺産登録10周年)に向けて

2021年、「世界遺産寺山の森再生プロジェクト」として、吉野地域の小学校、東菖蒲谷・上之原町内会、社会福祉法人のほか、多くの市民の皆さまにご参加いただき、どんぐりの採取、種まき、育苗を行う取り込みが始まりました。発芽した苗は、3年ほどで植樹に適した大きさになると言われています。

2022年に芽を出すこれらの苗は、2025年の世界遺産登録10周年を迎える年に植樹することになります。まだまだ、寺山の森再生は始まったばかりです。様々な人々の協力を得て、寺山の森を力強く再生していきます。

4.申し込みフォーム

下記からお申込みください。

申し込みは申し込みフォーム(外部サイトへリンク)からお願いします。

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局管理部文化財課

〒892-0816 鹿児島市山下町6-1

電話番号:099-227-1940

ファクス:099-222-8796

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?