• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > タンカー事故に伴う油流出による影響調査について

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2018年4月18日

タンカー事故に伴う油流出による影響調査について

平成30年1月14日に東シナ海において沈没したパナマ船籍タンカーSANCHI号への対応として、関係省庁が連携して海洋環境調査等を行っています。

また、平成30年1月28日以降、奄美大島等の海岸等において、油状の漂着物が確認されており、環境省が漂着地域での環境調査を行っています。

【各省庁の調査結果(詳細は下記をご覧ください。)】

省庁名

概要

海上保安庁 SANCHI号周辺の油分は、事故以前に測定された値と変わらず、測定地点における油による汚染は確認されませんでした。
水産庁 タンカー事故による海産生物への影響はほとんどないものと考えられます。
環境省 油状漂着物による大気や水質への影響はなく、沿岸生態系への影響は小さいと考えられます。

 

なお、これまでのところ、鹿児島市内で油状漂着物は確認されていません。

 

調査状況

東シナ海で沈没したタンカーSANCHI号からの流出油等に関する調査について(内閣官房)(外部サイトへリンク)

調査結果(海洋環境調査・海上保安庁)

調査結果(水産資源影響調査・水産庁)

調査結果(大気モニタリング・環境省)

調査結果(水質モニタリング・環境省)

調査結果(沿岸生態系影響把握調査・環境省)


よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1297

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?