• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > 鹿児島市の環境 > 平成20年版鹿児島市の環境

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

平成20年版鹿児島市の環境

はじめに

鹿児島市は、雄大な桜島や波静かな錦江湾など、世界に誇れる素晴らしい自然を有しています。おりしも本年6月には甲突川の源の甲突池が環境省の「平成の名水百選」に認定され、全国的にも高い評価がなされました。このような良好な環境を次の世代に引き継いでいくことは、今を生きる私たちに課せられた大きな責務であります。

さて、地球環境問題が人類にとって最も深刻かつ喫緊の課題となっている中、本年から、地球温暖化を防止するため、温室効果ガスの排出削減を義務づけた京都議定書の約束期間がスタートしました。さらに、7月には北海道洞爺湖サミットが開催され、その主要な議題に環境が取り上げられるなど、今後、世界各国の環境に取り組む姿勢がますます問われてきます。私たち一人ひとりも、将来の地球のために何ができるかを考え、事業活動や自らのライフスタイルを見直し、行動するとともに、市民・事業者・行政が相互に連携・協働して持続可能な循環型社会を構築することが不可欠となっています。

このような中、本市では本年10月、市民一人ひとりが地球の未来について考え、環境に配慮した行動に結び付けていくための拠点施設となる「かごしま環境未来館」がオープンしました。この施設を最大限活用し、今後さらに環境意識の高揚を図っていくとともに、環境施策を充実させ、地球環境時代をリードする都市を目指していきたいと考えております。

また、「鹿児島市環境基本計画」に基づき、大気汚染、水質汚濁、騒音・振動、悪臭、有害化学物質等に係る環境保全対策の充実をはじめ、自然エネルギーの普及促進や省エネルギー対策など各種の施策を積極的に推進してまいりますので、皆様方の一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

本書は、平成19年度の本市における環境の現状と保全対策について、その概要をとりまとめたものです。多くの皆様に活用され、環境問題に対する理解をさらに深めていただく一助となることを願っております。

平成20年10月

鹿児島市長 森 博幸

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1297

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?