• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > 鹿児島市の環境 > 平成22年版鹿児島市の環境

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

平成22年版鹿児島市の環境

はじめに

鹿児島市は、霧島屋久国立公園に属する雄大な桜島や波静かな錦江湾など、世界に誇れる素晴らしい自然を有しています。この豊かな自然や良好な環境を次の世代に引き継ぐことは、今を生きる私たちに課せられた大きな責務です。

昨年コペンハーゲンで開催された国連気候変動枠組条約第15回締約国会議を機に、世界は、温室効果ガス削減に向けた次の一歩を踏み出しました。今後は、私たち一人ひとりが事業活動やライフスタイルを見直し、地球温暖化対策へのアクションを起こすとともに、市民・事業者・行政が相互に連携・協働した持続可能な循環型社会を構築していかなければなりません。

そこで本市では、市民の皆様と力を合わせて環境にやさしい持続可能なまちを築いていくため、『かごしま環境都市宣言』を行い、まちづくりのあらゆる分野において可能な限り環境の視点を取り込んだ様々な施策を積極的に進めています。

なかでも学校を対象にした「学校版環境ISO認定制度」は本市独自のもので、昨年度までにすべての市立の小・中学校が本制度の認定を受けています。

また、事業者に対して「環境管理事業所認定制度」を、市民に向けて「環境家計簿」や「エコライフファミリー制度」等を設けるほか、市として大気・水質等の環境監視や発生源対策を推進し、良好な自然環境の保全に努めております。さらに、全国に先駆けた取組みである市電軌道敷の緑化や、公共施設の屋上緑化・緑のカーテンの導入を図るなど、みどり輝く共生都市の創造に向けた環境施策を展開しています。

今後も、市民の皆様や事業者の方々との協働のもと、潤いと安らぎのある生活環境の創出に努め、「人とみどりが輝くまち・かごしま」の創造に全力を傾注してまいります。皆様におかれましても、環境保全施策の推進に対し一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

本書は、平成21年度の本市における環境の現状と保全対策について、その概要をとりまとめたものです。多くの皆様に活用され、環境問題に対する理解をさらに深めていただく一助となることを願っております。

平成22年10月

鹿児島市長 森 博幸

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1297

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?