• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 地球温暖化対策 > 環境対応車 > 主な次世代自動車と従来車の比較

ここから本文です。

更新日:2017年6月9日

主な次世代自動車と従来車の比較

基本性能等、環境性能、コストについて

区分

電気自動車(EV軽自動車・乗用車)

ガソリンハイブリッド自動車(HV乗用車)

プラグインHV
(PHV乗用車)

ディーゼル
ハイブリッド自動車(HV重量車)

ディーゼル代替
天然ガス自動車
(NGV重量車)

基本性能等

技術概要

  • 電池の主流は、リチウムイオン電池に移行。
  • 長距離用途が少ない軽自動車代替に適合。
  • 走行性能は、ほぼ従来車と同等。
  • シリーズ、パラレル及びスプリットの3方式、専用設計車及びグレード設定車の2タイプのモデルがある。
  • 最新の専用設計車タイプの価格は、同クラス車と同等。
  • 基本構造は従前のHVだが、外部電力による蓄電を可能とすることで、電気走行依存性を高めている。
  • 小型/中型貨物車、中型/大型バスのパラレル方式が既販されており、バリエーションも充実。
  • ガソリンHVよりも先にリチウム電池搭載車両が販売開始。
  • 圧縮天然ガス(CNG)タンク搭載車が主流。
  • 高オクタン価による高圧縮比により大型エンジンにも適合。
  • ディーゼル重量車代替に適合。

航続距離

  • 軽自動車
    ~160km
  • 小型自動車
    ~230km
  • 同クラス車と比較して同等又はそれ以上。
  • 同クラス車と比較して同等又はそれ以上。
  • 同クラス車と比較して同等又はそれ以上。
  • 2t貨物車
    190~290km(市街地)
  • バス
    170~230km(市街地)

環境性能

CO2排出量

  • 走行時のCO2排出量ゼロ。
  • 充電電力(発電所等)CO2排出量に依存。
  • 現在の商用電力を用いた場合、同等ガソリン車の約7割減。
  • 効率向上(燃費向上)分CO2削減可能(約50%減)
  • 効率向上(燃費向上+電気走行)分CO2削減可能(60%以上減)
  • 効率向上(燃費向上)分CO2削減可能(約20%減)
  • 同等ディーゼル車よりも効率は劣るが、CO2排出係数が軽油よりも少ないので、結果として20%程削減。

排出ガス

エミッション

  • 走行時エミッションゼロ。商用電力のエミッションに依存するが、極めて少ない。
  • ガソリン車以下
  • 特に加速時はモーターアシストによりエンジン負荷が抑えられるため、NOxは50%以上削減。
  • 走行時SPMは極めて少ない。
  • 同クラスガソリン車の70%以下。
  • 同等車の約2割程度削減。
  • 特に加速時はモーターアシストによりエンジン負荷が抑えられるため、NOxは50%以上削減。
  • 走行時SPMは極めて少ない。
  • ガソリン車と同じ排ガス処理技術が適用できたるめ、ディーゼル代替とした場合のエミッションは極めて少ない。

コスト

車両価格

  • 同クラス車3~4倍
  • 同クラス車同等~1.4倍
  • 同クラス車1.4~2倍
  • 同クラス車の1.4倍
  • クラス車1.4~2倍

ランニング

  • 受電電力の料金形態による。
  • 深夜電力が適用された場合、燃料費は同クラスガソリン車の20%程度
  • バッテリー交換が必要、ニッケル水素5年、リチウム7年程度。
  • 効率向上分(燃費向上)燃料費減。
  • 使用頻度・期間に応じ、バッテリー交換が必要、ニッケル水素5年程度。
  • 効率向上分(燃費向上)+充電走行により大幅燃料費減。
  • 使用頻度・期間に応じ、バッテリー交換が必要、ニッケル水素5年、リチウム7年程度。
  • 効率向上分(燃費向上)燃料費減。
  • 使用頻度・期間に応じ、バッテリー交換が必要、ニッケル水素5年、リチウム7年程度。
  • NGV用都市ガス価格は軽油価格と同等、燃費悪化分コスト増。
  • 定期的なガス容器の検査が必要。

資料「次世代自動車普及戦略」(環境省)より抜粋

お問い合わせ

環境局環境部再生可能エネルギー推進課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1479

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?