• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護サービス・要介護認定 > 介護サービスを利用する手続きの流れ

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2018年3月27日

介護サービスを利用する手続きの流れ

介護サービスを利用するにあたって

申請からケアプラン作成までの流れ

1.要介護・要支援認定の申請

本人や家族が、市の窓口で認定申請をします。
地域包括支援センター、居宅介護支援事業者及び介護保険施設などが代行して申請を行うこともできます。

 

2.訪問調査・主治医意見書(原則として申請から2週間以内)

認定申請を受けて介護認定調査員が訪問し、食事や入浴といった日常生活動作等について、本人や介護をしている家族等から聞き取り等の調査をします。
あわせて、主治医に意見書を求めます。主治医に確認し、必要であれば受診してください。

 

3.介護認定審査会による審査判定

訪問調査の結果や主治医の意見書などをもとに、介護の必要度などを保健・医療・福祉の専門家で構成する介護認定審査会で審査判定します。

 

4.認定結果の通知(原則として申請日から30日以内)

審査判定結果に基づいて、市が認定し、原則として申請日から30日以内に本人に通知します。
結果通知が30日を過ぎる場合は、延期通知書にてあらかじめ通知します。
(更新申請で、認定有効期間内の延期通知省略に同意いただいた場合は有効期間終了時に通知します。)

 

5.介護サービス計画(ケアプラン)の作成及び介護サービスの提供

「要介護1~5」の認定者

  • 在宅サービス、地域密着型サービス
    在宅でのサービスを希望される場合、原則として本人や家族が居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)に依頼して、本人の心身の状況や利用希望などを考慮して最も適した介護サービス計画(ケアプラン)を作成して、本人等の了解を得た上で、サービスが提供されます。
    小規模多機能型居宅介護については、そのホームのケアマネジャーがケアプランを作成します。
  • 施設サービス
    施設サービスを希望される場合、原則として本人もしくは家族が直接施設に申し込んで入所・入院します。入所・入院すると施設の介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、この計画に基づきサービスが提供されます。

「要支援1,要支援2」の認定者

  • 介護予防サービス、地域密着型介護予防サービス
    地域包括支援センターの保健師等が本人の心身の状況や利用希望などを把握、分析後、支援メニューを検討して、介護予防のためのケアプランを作成します。
    小規模多機能型居宅介護については、施設のケアマネジャーがケアプランを作成します。

 

(注)要介護・要支援認定には有効期間があります。介護保険サービスの利用を引き続き希望される方は、有効期間満了日までに更新申請を行ってください。(有効期間満了日の約2ヵ月前に案内はがきをお送りします。)
なお、心身の状況に変化がある場合は、有効期間に関係なく随時、区分変更の申請ができます。

 

〈主治医意見書を作成される医療機関の皆さまへ〉

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局すこやか長寿部介護保険課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1278 (認定係)

ファクス:099-219-4559

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?