• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > その他障害者福祉関連情報 > かごしま市チャレンジド大賞表彰式

ここから本文です。

更新日:2016年12月8日

かごしま市チャレンジド大賞表彰式

事業概要

かごしま市チャレンジド大賞は、障害者福祉についての関心と理解を一層深めるため、社会貢献、産業就労、文化・スポーツの分野で活躍し、輝いている障害者個人や団体、また、障害のある方々を積極的に支援している個人や団体を、障害者週間(12月3日~9日)にあわせて表彰するものです。

平成28年度表彰式

平成28年度かごしま市チャレンジド大賞は、5名の方と2団体が受賞され、12月5日に表彰式を行いました。

表彰式

【社会貢献部門】障害のある方で、社会活動等を行い、地域社会への貢献が顕著なもの

川畑正夫様

平成18年から市身体障害者相談員、平成19年から市身体障害者福祉協会の評議員として活動。平成25年NPO法人環境と健康を次世代へ紡ぐ会「Step Forward21」を立ち上げ、予防医学の講座を県内各地で開催。

 

【産業就労部門】就職している障害のある方で、その障害を克服し、模範的な職業人として業績を上げたもの

永尾友和様

有限会社上伸ミートで10年勤務し、製造部で出荷・荷受けを担当。

髙柳めぐみ様

有限会社上伸ミートで10年勤務し、製造部で鶏肉の骨抜きや商品選別の作業を担当。

 

【文化・スポーツ部門】障害のある方で、文化活動又はスポーツ活動を行い、顕著な功績を残したもの

鹿児島聾学校様

全国聾学校合奏コンクールにて平成27年度・28年度と2年連続で金賞並びに文部科学大臣賞を受賞。

瀨野浦祐矩様

41年にわたり、鹿児島県視覚障害者録音テープ同好会2代目会長として会員から寄せられたテープを1本のテープに編集し、2か月に1回配布。

 

【サポート部門】障害のある方々に対する支援を率先して行っている個人又はボランティア団体、学校、企業その他団体であって、引き続き活動を行い、その活動が他の模範となるもの

精神保健福祉ボランティアサークルゆめの実様

22年にわたり、80名余りの会員で活動。いこいの部屋あらたを週2・3回運営するほか、スポーツ大会や研修会、絵画展などを主催したり、ボランティアスタッフとして参加し、啓発活動を行う。

竹内直人様

理学療法士で病院に勤務。平成20年より車椅子バスケットボールチーム「薩摩ぼっけもん」にトレーナー帯同。健常者チーム「Naughty」を設立。今年はリオデジャネイロパラリンピック男子日本代表にもトレーナー帯同。

 

受賞者の活動の様子をスライドショーにして収めたDVD(9分)を障害福祉課で貸し出します。詳しくはお問い合わせください。

 

お問い合わせ

健康福祉局福祉部障害福祉課 ゆうあい係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1272

ファクス:099-216-1274

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?