• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

交通・移動の援助

 交通・移動の援助として、以下のような制度があります。

(注)身体障害者の方の「第1種」・「第2種」の区別については、「身体障害者障害程度等級表」をご覧ください。
知的障害者の方は、A1、A2の方が「第1種」、B1、B2の方が「第2種」となります。

 

JRの運賃割引

【JR乗車券販売窓口におたずねください。】

乗車券購入時に身体障害者手帳・療育手帳を提示すると、JR運賃の割引が受けられます。

種別:第1種
割引対象者 乗車券の種類 注意事項
本人のみ 普通乗車券 片道100kmを超える場合に適用されます。
本人と介護者(1人)

普通乗車券

回数券

急行券

定期券

定期券は通勤定期にのみ適用されます。

 

種別:第2種

割引対象者

乗車券の種類 注意事項
本人のみ 普通乗車券 片道100kmを超える場合に適用されます。

本人(12歳未満)と

介護者(1人)

定期券

定期券は通勤定期にのみ適用されます。

 

割引率

いずれも5割引き

ページの先頭へ戻る

 

バス・市電・船の運賃割引

【各交通事業者または販売窓口などにおたずねください。】

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、運賃の割引が受けられます。

ただし、船(フェリー)の車両運賃は対象外です。

区分

対象者

割引の内容

身体障害者
知的障害者

本人

普通運賃について5割引
定期券について3割引

〔介護人同伴で利用する場合〕
第1種身体障害者
第1種知的障害者

本人及び介護人

普通運賃について5割引
定期券について3割引

精神障害者の方は、交通事業者によって割引内容が異なります。詳しくは各交通事業者におたずねください。

(注)精神障害者の方は、現在、割引を実施していない会社もありますので、ご注意ください。

 

第一種身体障害者及び第一種知的障害者の方は、「介護人証」を障害福祉課及び各支所福祉課、保健福祉課で発行しています。

 

航空運賃の割引

【航空券販売窓口におたずねください。】

航空券購入時に、身体障害者手帳、療育手帳を提示すると、国内航空運賃の割引が受けられます。

対象:12歳以上

内容:各航空会社で割引の内容が異なりますので、詳しくは航空会社、代理店にお問い合わせください。

区分

対象者

第1種身体障害者
第1種知的障害者

本人・介護人

第2種身体障害者
第2種知的障害者

本人

ページの先頭へ戻る

 

タクシー運賃の割引

【各タクシー会社へおたずねください。】

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、タクシー運賃が1割引になります。

ページの先頭へ戻る

 

有料道路通行料金の割引

【障害福祉課099-216-1273,谷山福祉部福祉課099-269-8472】

下記の場合には、有料道路通行料金が5割引になる制度を利用できます。障害福祉課または谷山福祉部福祉課、各支所保健福祉課で手続きできます。この制度は、登録された自動車1台についてのみ有効です。

(1)割引の対象となるもの

  • 身体障害者手帳をお持ちの方が自分名義または同一生計者等の名義の自動車(営業用を除く。)を自分で運転する場合
  • 第1種身体障害者・第1種知的障害者の常時介護人が、障害者本人、同一生計者等または日常的に介護している方の名義の自動車(営業用を除く。)を運転し、障害者本人が同乗する場合

(2)申請に必要なもの

  • 運転免許証(障害者本人が運転する場合のみ)
  • 車検証(コピーでも可)
  • 身体障害者手帳・療育手帳
  • ETCカード(障害者本人名義)…ETCを利用する場合のみ
  • ETC車載器のセットアップ申込書・証明書等…ETCを利用する場合のみ

ページの先頭へ戻る

 

市電・バス・桜島フェリーの無料パス券(友愛パス)

【障害福祉課099-216-1273,谷山福祉部福祉課099-269-8472】

市内に在住の障害者が市内間で乗り降りする場合に、市電・バス(全社共通)・桜島フェリーを無料で利用できるパス券(友愛パス)を交付します。

敬老パス、友愛タクシー券の交付を受けている方は、同時に友愛パスの交付は受けられません。

(1)対象者

6歳以上の方で次のいずれかにあてはまる方

  • 身体障害者手帳1級~4級をお持ちの方(ただし、4級は65歳以上の方)
  • 療育手帳をお持ちの方
  • 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  • 原爆被爆者援護法に基づく原爆被爆者諸手当を受給されている方

(2)申請に必要なもの

  • 障害者手帳もしくは原爆被爆者諸手当の証書
  • 印鑑
  • 写真
  • 敬老パス又はタクシー券(敬老パス又は友愛タクシー券から友愛パスへの変更の場合。
    ただし、友愛タクシー券は70枚そろっていないと交換できません。)

(3)利用方法

障害者本人以外は使用できません。

乗り降りの際に必ず友愛パスをカードリーダーに触れてください。

 

(注)桜島フェリーの車両運賃については友愛パスの適用はありません。

利用交通機関

  • 市電
  • 市バス(シティービューおよび桜島アイランドビューを含む)
  • 桜島フェリー
  • 民営バス(鹿児島交通・南国交通・いわさきバスネットワーク・ジェイアール九州バス)

(注)ただし、定期観光バスなど特別に運行しているバスは利用できません。

通用区間

鹿児島市内での乗り降りにのみ有効です。
詳しくはバスの運転手の方にお尋ねください。

「すこやか入浴」サービスについて

70歳以上の方は友愛パスで公衆浴場を協定料金の3分の1の料金で入浴できる「すこやか入浴」のサービスも利用できます。
(注)平成24年10月1日から入浴料金が引き上げられましたが、当分の間、100円でご利用になれます。

70歳未満の方ですでに友愛パスの交付を受けている方は、70歳の誕生日を迎えられれば自動的に「すこやか入浴」のサービスが受けられます。(カード更新の手続は不要です。)
「すこやか入浴」のサービスについては詳しくは長寿支援課【099-216-1266】へお問い合わせください。

(4)紛失・破損による再交付の手続

申請に必要なもの

  • 障害者手帳もしくは原爆被爆者諸手当の証書
  • 印鑑
  • 写真
  • 友愛パス(破損の場合)

(注)紛失による再交付の場合は、カード実費相当額をご負担いただきます。

(5)施設の入館料などの減免

水族館などの有料の施設を利用する際、友愛パスの提示で入場料等の減免が受けられます。

(注)友愛パスでは減免が受けられない場合もあります。その場合は障害者手帳を提示してください。

(注)割引率等、料金については各施設へお尋ねください。

ページの先頭へ戻る

 

友愛タクシー券の交付

【障害福祉課099-216-1273,谷山福祉部福祉課099-269-8472】

下記に該当される障害者の方に、友愛タクシー券を交付します。

ただし、友愛パス・敬老パスの交付の交付を受けている方は、同時に友愛タクシー券の交付はできません。

(1)対象者

身体障害者手帳をお持ちの方

  • 視覚障害1級~2級
  • 下肢障害1級~4級(ただし、4級は65歳以上)
  • 体幹障害1級~3級
  • 心臓・腎臓・呼吸器・小腸・ぼうこう又は直腸・免疫機能・肝臓の機能障害1級

療育手帳をお持ちの方

  • A1
  • A2
  • A

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

  • 1級

(2)交付枚数

1年間に200円券を70枚交付します。

年度の途中で手続きをした場合の交付枚数は、次の表のとおりです。

新年度分の友愛タクシー券は毎年3月末に郵送いたしますので、年度毎に申請する必要はありません。

申請月ごとの交付枚数
申請月:枚数 4月:70枚 5月:64枚 6月:58枚 7月:53枚 8月:47枚 9月:41枚
10月:35枚 11月:29枚 12月:24枚 1月:18枚 2月:12枚 3月:6枚

 

(3)利用方法

友愛タクシー券は、本市と協定を締結しているタクシー(福祉タクシーを含む。)で本市で営業しているものに限り使用できます。タクシーに乗るときは、運転手に友愛タクシー券が使用できるか確認してください。

障害者手帳を提示し、手帳提示による割引後の料金について使用してください。(手帳提示で1割引になります。)

友愛タクシー券でおつりをもらうことはできませんので、利用料金を超えない範囲の枚数で使用してください。

タクシー乗車1回につき、200円券を25枚(5000円分)まで使用できます。

(4)友愛タクシー券の切り替えについて

年度の途中で、友愛パス及び敬老パスへの切り替えは、友愛タクシー券未使用の場合に限り可能です。(友愛タクシー券使用後は、翌年度からの切り替えになります。)

なお、70才以上の方で、入浴機能のみの敬老パスをご希望の方は、別途に交付することが可能ですので、長寿支援課もしくは各支所福祉担当窓口で申請手続をしてください。

ページの先頭へ戻る

 

運転免許取得費用の助成

【障害福祉課216-1273,谷山福祉部福祉課269-8472】

身体障害者及び難病患者等が自動車運転免許を新たに取得する場合に、取得費用の一部を助成します。

自動車学校に入校する前に手続きが必要です。助成対象は、普通自動車第1種免許に限ります。

鹿児島市身体障害者自動車運転免許取得費補助金交付要綱(PDF:101KB)

(1)対象者

身体障害者手帳をお持ちの方及び難病患者等(難治性疾患克服研究事業の対象疾患(130疾患)患者と関節リウマチ患者)

(2)助成金額

免許取得にかかる経費の3分の2の金額(10万円まで)

(3)申請に必要なもの

  • ア身体障害者自動車運転免許取得費補助金交付申請書(窓口でお書きください。)
  • イ身体障害者手帳
  • ウ印鑑
  • エ自動車運転免許取得に係る経費がわかるもの(入校を希望する自動車学校のパンフレットや見積書など)
  • オ特定疾患医療受給者証の写し(難病患者等でお持ちの方のみ)
  • カその他必要と認める書類

(4)その他

  • ア自動車学校へ入校前に申請手続きが必要です。申請後、補助金等交付決定通知書の送付をうけてから支払・入校をされてください。
  • イ初めて運転免許を取得する場合のみ対象となります。免許取消になり運転免許を取り直す場合などは対象となりません。

ページの先頭へ戻る

 

自動車改造費用の助成

【障害福祉課216-1273,谷山福祉部福祉課269-8472】

身体障害者及び難病患者等が所有し、運転する自動車を、その運転に適応するように改造するとき、改造費用の一部を助成します。(所得制限があります。)改造前に手続きが必要です。

鹿児島市身体障害者用自動車改造費補助金交付要綱(PDF:120KB)

(1)対象者

身体障害者手帳をお持ちの方及び難病患者等(難治性疾患克服研究事業の対象疾患(130疾患)患者と関節リウマチ患者)

(2)助成金額

改造にかかる経費のうち、1件につき10万円以内

(3)申請に必要なもの

  • ア身体障害者用自動車改造費補助金交付申請書(窓口でお書きください。)
  • イ身体障害者手帳
  • ウ印鑑
  • エ自動車運転免許証(コピー可、両面が必要)
  • オ本人及び配偶者又は扶養義務者の所得金額がわかる資料(源泉徴収票、確定申告書の控え等)
  • カ改造を行う業者の改造見積書
  • キ改造部材のカタログ等
  • ク特定疾患医療受給者証の写し(難病患者等でお持ちの方のみ)
  • ケその他必要と認める書類

(4)その他

  • ア申請については、必ず改造する前に手続きが必要です。
  • イ改造部分については、駆動装置又は走行装置に限ります。(アクセル、ブレーキ、ハンドル、ウインカー等)
  • ウ改造する自動車は一人につき1台に限ります。(現在所有する自動車を廃車し、新しく取得した自動車を改造する場合などを除く。)

ページの先頭へ戻る

 

駐車ステッカーの交付

【最寄りの警察署へおたずねください。】

歩行の困難な身体障害者が自動車を利用しやすいように、身体障害者またはその介護人が使用する自動車に対して、「駐車禁止除外指定車標章(駐車ステッカー)」を交付しています。

ページの先頭へ戻る

 

ガソリン代の助成

【障害福祉課099-216-1273,谷山福祉部福祉課099-269-8472】

重度の身体障害者の方が、日常生活のために自分の所有する自動車を自分で運転する場合、ガソリン代を助成します。事前に登録が必要です。

(1)対象者

次のアとイの両方にあてはまる方

  • ア身体障害者手帳の下肢または体幹機能障害の1級~2級をお持ちの方
  • イ前年分の所得税が非課税で、生活保護を受けていない方

(2)助成金額

助成金の請求には領収証が必要です。

  • アガソリン燃料車1リットル当たり40円(年間7200円まで)
  • イ軽油燃料車1リットル当たり18円(年間3240円まで)

ページの先頭へ戻る

 

リフト付きバスの利用

【障害福祉課216-1272】

障害者などのグループが行事やレクリエーションなどに参加する場合に、「ゆうあい福祉バス(車いす用リフト付きバス)」をご利用いただけます。利用希望日の前月の初日(月の初日が土日や祝日にあたる場合は、最初の開庁日)から利用希望日の10日前までにお申し込みください。

(1)対象者

車イス2台を含み23人までのグループ(車いすを使用しない場合は25人まで)

(2)運行時間

9時30分から16時30分

(3)運行範囲

県内一円(離島を除く)

(4)運休日

12月29日から翌年1月3日及び車両点検日

ページの先頭へ戻る

 

福祉タクシー【各営業所などにおたずねください。】

在宅の重度障害者の社会参加の推進を図るため、車いすや寝台(ストレッチャー)に乗ったまま利用できるタクシーがあります。利用する場合は事前に予約してください。

(1)助成内容

手帳提示(1割引き)と友愛タクシー券の併用可能。

(2)利用方法

利用する場合は事前に業者へ連絡し、その際、手帳割引・友愛タクシー券の使用確認も忘れずに予約してください。料金を支払う際に手帳を提示して、友愛タクシー券と差額の運賃を支払います。

車種、利用方法については各事業所へおたずねください。

ページの先頭へ戻る

 

福祉有償運送

【障害福祉課216-1273】

福祉有償運送とは、道路運送法において規定されている「自家用有償旅客運送」の一つで、単独で公共交通機関(電車やバス、タクシーなど)を利用して移動することが困難な障害者や要介護認定を受けている方のために、NPOなどの法人が行う有償の移送サービスのことです。

本市の福祉有償運送の概要は以下のとおりです。

(1)利用できる方

本市在住の下表の方及びその付添人とします。

身体障害者手帳をお持ちの方

  • ア視覚障害1級~2級
  • イ下肢障害1級~4級(4級は65歳以上)
  • ウ体幹障害1級~3級
  • エ心臓・腎臓・呼吸器・小腸・ぼうこう又は直腸・免疫機能・肝臓の機能障害1級

療育手帳をお持ちの方

  • A1
  • A2
  • A

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

  • 1級

介護保険制度利用者の方

  • 要介護1以上の方

(注)福祉有償運送では、友愛タクシー券の使用はできません。

(2)運送できる法人

次に掲げる営利を目的としない法人であり、福祉有償運送を行うことが同法人の目的に合致するものとします。運送を希望する法人は、事前に鹿児島市福祉有償運送運営協議会に書類を提出し、合意を得る必要があります。

  • ア特定非営利活動法人(特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号))
  • イ社会福祉法人(社会福祉法(昭和26年法律第45号))等

(3)使用車両

福祉有償運送には、乗車定員11人未満の次の車両を使用するものとします。

  • ア寝台車
  • イ車いす車
  • ウ兼用車(ストレッチャー及び車いすの双方に対応した自動車)
  • エ回転シート車
  • オセダン等(貨物運送の用に供する自動車を除く。)

(注)セダン等車両の登録は、既にア~エを1台以上登録している事が条件です。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局福祉部障害福祉課 障害福祉係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1273

ファクス:099-216-1274

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?