• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患、感染症 > 新型インフルエンザ対策 > 中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生

  • 現在、中国及び台湾において、鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生が報告されています。
  • 現時点では、持続的なヒトからヒトへの感染は確認されておりませんが、今後の情報にご注意ください。
  • 鳥インフルエンザA(H7N9)は、政令により指定感染症に指定され、対応の強化が図られております。

※詳細は、厚生労働省のホームページ(鳥インフルエンザA(H7N9))(外部サイトへリンク)や国立感染症研究所(インフルエンザA(H7N9))(外部サイトへリンク)をご覧ください。

基本的な感染症予防対策である、手洗い、咳エチケットの徹底に努めてください。

中国への渡航時には

  • 不用意に動物に近寄らないでください。
  • 積極的に手洗いを行ってください。
  • 発熱や咳などインフルエンザ様の症状が見られた時は、マスクを着用し、速やかに現地の医療機関を受診してください。

帰国時には

  • 発熱や咳などインフルエンザ様の症状がみられる場合は、検疫所へご相談ください。

帰国後10日以内に

  • 発熱や咳などインフルエンザ様の症状がみられた場合は、保健所に「中国に滞在していた」ことを電話で伝えていただき、受診する医療機関などについてご相談ください。

参考

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?