• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > ロタウイルス予防接種費用の一部助成

ここから本文です。

更新日:2017年11月9日

ロタウイルス予防接種費用の一部助成

ロタウイルスとは

ロタウイルスは、感染性胃腸炎の主な病原体で、感染力が強く、5歳までの急性胃腸炎入院患者のうち、40~50%程度がこのウイルスによるものです。

感染し、発症すると下痢、おう吐、発熱などの症状が出ます。

接種期間・接種回数・助成額

対象ワクチンは、2種類あり、対象週数や接種回数等が異なりますが、ワクチンの効果に差はありません。取り扱っているワクチンは医療機関によって異なります。

ワクチン

接種期間

回数

間隔

助成額

(1回あたり)

1価ワクチン(ロタリックス)

生後6週から

24週(生後168日目)まで

2回

4週以上

6,000円

5価ワクチン(ロタテック)

生後6週から

32週(生後224日目)まで

3回

4週以上

4,000円

【注意事項】

両ワクチンとも、初回接種は14週6日まで(15週未満)に接種してください。それ以降に接種を開始すると、腸重積症のリスクが高まるとの報告があります。

接種料金

医療機関の設定した費用から上記助成額(6,000円または4,000円)を差し引いた額を医療機関の窓口でお支払いください。

(注)医療機関からのご請求額は助成額を差し引いた額になっています。

接種方法

経口接種(飲むタイプのワクチンです。)

接種場所

予防接種券(予診票)

予防接種券(予診票)は、委託医療機関の窓口に配置します。

副反応

ロタウイルスワクチンの主な副反応は以下のとおりです。

ワクチン

副反応

1価ワクチン 易刺激性(7.3%)、下痢(3.5%)、咳嗽/鼻漏(3.3%)、腸重積症(頻度不明)など
5価ワクチン 下痢(5.5%)、嘔吐(4.2%)、胃腸炎(3.2%)、発熱(1.3%)、腸重積症(頻度不明)など

腸重積症腸が腸に入り込み、ぐったりする、泣きと不機嫌を繰り返す、顔色が悪い、繰り返し起きるおう吐、イチゴジャムのような血便、お腹のはりなどの症状がみれる。

予防接種を受けた後の注意事項

  • 接種後に重いアレルギー症状が起こることがありますので、予防接種を受けたあと30分間は、接種会場でお子様の様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
  • ロタウイルスワクチン接種後7日以内に腸重積を発症することがあります。おう吐や血便を繰り返す時は、医療機関をすぐに受診してください。他の医療機関を受診した場合、接種した医療機関までお知らせください。

市外でロタウイルスワクチンの接種を希望される方

里帰り等の理由により、県外(市外)の医療機関でロタウイルス予防接種にかかる費用を自己負担した場合、費用の一部について払い戻しを受けることができます。

詳しい情報

医療機関の皆様へ

保護者が母子健康手帳を持参しなかった場合には、「予防接種済証」に必要事項を記載してお渡しください。

予防接種済証(PDF:168KB)

医療機関関係書類

乳児ロタウイルス予防接種留意事項(PDF:685KB)

医療機関報告書・請求書(PDF:416KB)

請求書兼内訳書入力用(エクセル:39KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?