• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 麻しん風しん予防接種(任意)費用の助成

ここから本文です。

更新日:2019年8月20日

麻しん風しん予防接種(任意)費用の助成

鹿児島市では、本市に住民登録があり、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種歴のない7歳以上20歳未満の方を対象に、麻しん風しん混合ワクチンの接種費用を助成します。

麻しんや風しんについては、下記掲載ページでもご確認いただけます。

 

麻しん(はしか)について(該当ページへリンク)

麻しん(はしか)に関するQ&Aへのリンク(外部サイトへリンク)

風しんについて(該当ページへリンク)

風しんに関するQ&Aへのリンク(外部サイトへリンク)

対象者・接種期限

 

対象者

接種期限

通常

麻しん風しん混合ワクチンの接種歴のない7歳以上20歳未満の者

A:20歳の誕生日の前日まで

B:令和元年7月1日~令和4年3月31日まで

(注)A、Bいずれか早い日

特例

麻しん風しん混合ワクチンの接種歴のない平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれの者

令和元年7月1日~令和2年3月31日まで

接種費用

無料(全額公費負担)

(注)助成の対象となるのは1人1回です。

実施方法

  • 対象の方へは、本市から予診票等の必要書類を送付します。
  • 届いた予診票を委託医療機関へ持参して予防接種を受けてください。
  • 医療機関の窓口での接種費用の自己負担はありません。

なお、転入された方は、お問合せ先までご連絡いただければ予診票を送付いたします。

実施医療機関

委託医療機関(PDF:159KB)(町名50音順)

諸事情により一部、変更、追加されることがありますので、接種前に必ず確認をしてください。

医療機関により対応可能な年齢や予約が必要な場合がありますので、事前にお問い合わせのうえ、接種に行かれることをお勧めします。

任意による予防接種になります。市外の委託契約を行っていない、県の相互乗り入れ実施医療機関においては接種できませんので、ご注意ください。

 

副反応

副反応の主なものとして発熱、発疹などがあります。また、ごくまれに重篤な副反応として、ショック、アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどがあります。

市外で接種を希望される場合

里帰り等の理由により市外の医療機関で、麻しん風しん混合ワクチン(任意)の予防接種費用を自己負担した場合、費用の一部について払い戻しを受けることができます。

詳しい情報

医療機関の皆様へ

案内チラシ(PDF:369KB)

麻しん風しん予防接種(任意)実施上の留意事項(PDF:439KB)

予防接種後副反応疑い報告書(PDF:344KB)

(市医師会会員)請求書兼内訳書(エクセル:104KB)

(市医師会外)請求書(PDF:280KB)実施報告書(PDF:300KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?