ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

熱中症の予防

熱中症は予防が大切です。

熱中症は、一人ひとりが正しい知識を持つことで、防ぐことができます。

熱中症の発生は、例年、梅雨入りに始まり、梅雨明けに多発する傾向があります。人が上手に発汗できるようになるためには慣れが必要ですから、暑さに慣れるまでの間に熱中症を起こしてしまわないように注意することが重要な対策です。

1.熱中症とは

高温・高熱にさらされたり、激しい運動などを行ったときに見られるさまざまな体の不調の総称です。

脈が速くなる、手足の痙攣、めまいなどに始まり、重症例では意識障害やショックなどがみられ、場合によっては死に至るときもあります。

子どもや高齢者、高血圧・心臓病・糖尿病などの病気のある人、体調が良くないとき、スポーツ時は特に注意が必要です。

2.予防対策

(1)午前10時から午後3時ごろの外出はなるべく避けましょう。

(2)こまめに水分をとりましょう。

(3)通気性のよい服装にしましょう。

(4)外出時は、帽子や日傘などで頭部を保護しましょう。

(5)体調を整えましょう。(睡眠不足、疲労、二日酔いのときは注意)

熱中症予防声かけプロジェクト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

3.応急処置

(1)風通しの良い涼しい場所に移しましょう。

(2)体を冷やしましょう。(水をかける、扇ぐなど。)

(3)水分・塩分を補給しましょう。

(注)症状が改善しないときには、救急隊を要請しましょう。

(注)今夏の熱中症予防情報について、詳しくは環境省熱中症予防情報サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 保健予防係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6927

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?