ここから本文です。

更新日:2020年9月24日

鹿児島市慢性腎臓病(CKD)予防ネットワーク

慢性腎臓病(CKD)は、自覚症状がないため、気づかないうちに症状が進行することが多く、進行すると透析治療や腎臓移植が必要となります。透析になると、週3回、4~5時間拘束され、医療費も年間一人当たり約640万円かかります。

そのため、鹿児島市では、市民のQOL(生活の質)の維持・悪化防止の観点から、人工透析の新規患者や心血管疾患の減少及び医療費の抑制を図ることを目的に、糖尿病や高血圧などにより発症する慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するための医療ネットワークを構築いたしました。

このシステムは、健診の結果、腎機能の低下を予防していただきたい人や既に腎機能が低下し始めている人に、予防ネットワークにより適切な医療を受けていただき、早期に腎機能の低下を予防するためのものです。

netowork11

鹿児島市国民健康保険にご加入中の40~74歳の方は、特定健康診査の受診券の機能が保険証についておりますので、保険証のみで特定健康診査を受けることができます。現在治療中の方でも、検査データを情報提供いただくことで、特定健診を受診したとみなすことができます。

令和元年度鹿児島市CKD予防ネットワーク報告書

CKD登録医、腎臓診療医、CKD登録薬剤師、各保険者等の皆様へ

平成26年4月より、鹿児島市CKD予防ネットワークを開始し、CKD登録医と腎臓診療医による病診(診診)連携がスタートし5年が経過しました。

令和元年度のネットワーク報告書を作成しましたので、CKD登録医・腎臓診療医の先生方、ならびに各保険者の皆様方にお届けします。

令和元年度鹿児島市CKD予防ネットワーク報告書(PDF:2,499KB)

平成30年度鹿児島市CKD予防ネットワーク報告書(PDF:2,270KB)

平成29年度鹿児島市CKD予防ネットワーク報告書(PDF:1,750KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健政策課健康づくり係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6861

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?