• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 生活環境 > 害虫 > 特定外来生物「ハイイロゴケグモ」にご注意

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

特定外来生物「ハイイロゴケグモ」にご注意

平成26年9月8日(月曜日)、マリンピア喜入の多目的広場において、特定外来生物のハイイロゴケグモが、発見・駆除されました。

特定外来生物とは

生態系、人の生命や身体、農林水産業に悪影響を及ぼすおそれがあるとされ、外来生物法で指定されている生物です。

また、飼育(栽培)、保管、運搬、販売や輸入等が原則禁止されています。

ハイイロゴケグモの特徴

体長約1cm、背面は灰色から黒色で斑紋がある。腹の部分に砂時計型の赤い色の模様。攻撃性はないが少量の毒があり、かまれた部分はうずきや熱感がでる恐れがあります。

ハイイロゴケグモを見かけた場合は

少量の毒をもっているので、決して素手で触らないでください。

※道路わきの側溝内部や蓋の隙間、フェンスの基部やベンチの隙間等に生息しています。

ハイイロゴケグモの駆除方法は

市販の殺虫剤(クモに使用するもの)で駆除できます。また、踏みつけるのも有効です。
クモの卵は卵嚢(らんのう:卵を包んでいる袋)の状態であるため、殺虫剤の効果が薄く効かない場合もありますので、踏みつぶす又は焼却による方法で駆除しましょう。

もし、かまれた時は

噛まれた瞬間は針で刺されたような痛みを感じますが、その後はほとんど痛みを感じず噛まれたまわりが腫れたり、かぶれたりする場合があります。(個人差あり)
温水又は水道水で洗い流し、清潔にして経過を観察してください。
治療を行わなくても、多くは一週間以内に回復するようです。
稀に、噛まれた後で全身に痛みを感じ発熱・発汗症状がでる場合があるようですので、症状が疑われる場合(症状が現れる時間について個人差あり)には病院で受診してください。

相談窓口

〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10番1号
電話;099-286-2616
ファクス;099-286-5546
E-Mail:yasei@pref.kagoshima.lg.jp

 

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健政策課健康づくり係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6861

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?