• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 生活衛生・食品衛生 > 食品衛生 > 食中毒情報 > 行楽シーズンの食中毒予防

ここから本文です。

更新日:2019年9月4日

行楽シーズンの食中毒予防

行楽シーズン、屋外で食べる食事は格別です。

せっかくの楽しい思い出を台無しにしないためにも、食中毒には十分注意しましょう。

  • お弁当は、必ず当日に作りましょう。
  • 調理前、食べる前によく手を洗いましょう。
  • 食材にはしっかり熱を通し、素早く十分に冷ましてから詰めましょう。
  • 残して持ち帰ったお弁当は、食べずに廃棄しましょう。

食中毒に注意

(注)バーベキューでは、以下のことにご注意下さい。

  • 調理までの間、肉を低温保存(10℃以下)するようにしましょう。
  • 肉を加熱不十分な状態で食べないように気を付けましょう。
    (食中毒を起こす細菌は、よく焼けば死滅します)

参考

バーベキューによる食中毒を防ぐために(食品安全委員会ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所生活衛生課 食品衛生係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6885

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?