ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

小児慢性特定疾病の対象疾病

主な疾病

  • 悪性新生物(白血病、悪性リンパ腫など)
  • 慢性腎疾患(ネフローゼ症候群、腎機能障害など)
  • 慢性呼吸器疾患(慢性肺疾患、気道狭窄など)
  • 慢性心疾患(単心室、ファロー四徴症、心室中隔欠損症など)
  • 内分泌疾患(クレチン症、成長ホルモン分泌不全性低身長症など)
  • 膠原病(若年性特発性関節炎、ベーチェット病など)
  • 糖尿病(1型糖尿病、2型糖尿病など)
  • 先天性代謝異常(フェニルケトン尿症、家族性高コレステロール血症など)
  • 血液疾患(血友病、血小板無力症など)
  • 免疫疾患(後天性免疫不全症候群、周期性好中球減少症など)
  • 神経・筋疾患(ウエスト症候群(点頭てんかん)、もやもや病など)
  • 慢性消化器疾患(潰瘍性大腸炎、胆道閉鎖症など)
  • 染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群(ダウン症候群、歌舞伎症候群など)
  • 皮膚疾患(色素性乾皮症、レックリングハウゼン病など)

(注)疾病ごとに認定基準があります。
(注)対象疾病の一覧及びそれぞれの認定基準につきましては、「小児慢性特定疾病情報センター(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

(注)対象の可否については、主治医にご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局こども未来部母子保健課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1485

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?