• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2016年3月17日

妊娠中の感染症

胎児に影響を与える感染症も

ウイルスや細菌などの病原体が原因となって発症する病気を「感染症」といいます。人から人へうつるものもありますが、ペットや家畜などの動物や、食べ物・飲み物から感染するものもあります。妊娠中に初感染すると胎児に影響を与えるものもあるので、感染症が疑われる人は妊婦にうつさないように配慮しましょう。

清潔を心がけ、外出後は手洗い、うがいを欠かさないことも大切です。また、子どもや動物のだ液や糞尿に触れた場合には、よく手を洗いましょう。

風しん

妊娠4~20週に初めて風しんウイルスに感染した場合、赤ちゃんが難聴・白内障や緑内障・心臓疾患を起こすことがあります(先天性風しん症候群)。風しんにかかった記憶がなかったり、免疫(抗体)が十分にない女性は注意が必要です(妊婦健康診査受診票の1回目に抗体検査があります。)。また、20~30代の男性で風しんの免疫がない人がたいへん多いと推察されています。感染して家や職場などで妊婦にうつさないよう、妊娠する前に夫や家族などが予防接種を受けることを検討しましょう。

なお、風しん感染がすべて先天性風しん症候群を起こすわけではありません。妊娠週数によってもリスクは違います。不安な時は産婦人科医などに相談をし、よく説明を聞きましょう。

HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス-1型)

血液中のTリンパ球に感染するウイルスです(妊婦健康診査の1回目に抗体検査があります。)。HTLV-1に感染した人のほとんどは、ウイルスによる病気を発症することなく一生を過ごしますが、ごく一部の人(年間感染者1,000人に1人の割合)は、感染してから40年以上経過した後に、成人T細胞白血病(ATL)という病気になることがあります。また、ATLよりもまれですが、HTLV-1関連脊髄症(HAM)という神経の病気が起きることがあります。

お母さんがこのウイルスをもっていると、母乳を介するなどして赤ちゃんがHTLV-1に感染する可能性があります。授乳方法を工夫することによって、赤ちゃんのHTLV-1感染の可能性を低くできることがわかっています。授乳方法については医師ともよく相談してください。

水痘(水ぼうそう)

免疫のない女性が妊娠中に初感染すると、まれに赤ちゃんに眼の異常や皮膚の萎縮が生じることがあります。妊娠週数によっても異なります。

パルボB19ウイルス

幼児に多い「りんご病(伝染性紅斑)」の原因となるウイルスです。妊娠中に初感染・発症すると、約30%が胎盤を通して赤ちゃんにも感染し、流産や胎児水腫などを起こすことがまれにあるので、注意が必要です。

性器ヘルペス

性感染症の一つで、単純ヘルペスウイルスが原因です。外陰部に水疱やかぶれが起こり、一度感染すると体内の神経節に潜伏、妊娠中に症状が出てくることがあります。産道感染すると赤ちゃんが重症の肺炎や脳炎を引き起こすことがあるので、帝王切開が必要なことがあります。

サイトメガロウイルス

これもヘルペスウイルス科で、やはり体内に潜伏する性質があります。多くの人は成長の過程で免疫(抗体)を獲得しますが、特に妊娠初期に初感染した場合は、胎児に肝障害や難聴などの影響が出る場合があります。

性器クラミジア感染症

若年層の女性に多い性感染症で、原因はクラミジア・トラコマチスです。自覚症状がないのが特徴で、気づかないまま赤ちゃんに産道感染すると、新生児肺炎や結膜炎をおこします。抗菌薬で、出産までに完治をめざします。(妊婦健康診査受診票の6回目に検査があります。)

B群溶血性連鎖球菌(GBS)

B群溶血性連鎖球菌は、女性の膣内や肛門付近に比較的よく認められる細菌です(妊婦健康診査受診票の10回目に検査があります。)。産道感染すると、赤ちゃんが髄膜炎や敗血症などを起こす心配があるので、陣痛時や破水時、母体に点滴で抗菌薬を投与して産道感染を防ぎます(母体に影響はないので、妊娠中は治療しません。)。

トキソプラズマ原虫

加熱が不十分な肉、猫のフン、土などに存在する原虫です(妊婦健康診査受診票の1回目に抗体検査があります。)。妊娠中の初感染は、ごくまれですが胎児に影響が出る場合があります。免疫(抗体)があればまず心配はありませんが、ペットのフンの始末など衛生には気をつけます。

リステリア菌

リステリア菌は、食品を介して感染する食中毒菌で、妊娠中は一般の人よりもリステリア菌に感染しやすくなり、赤ちゃんに影響が出ることがあります。リステリア菌は塩分にも強く冷蔵庫でも増殖しますが、他の食中毒菌と同様に加熱することで予防できます。

(注)上記のほか、妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症に関連が見られるなど、感染症には十分留意してください。

 

よくある質問

お問い合わせ

健康福祉局こども未来部母子保健課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1485

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?