• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 子育て・教育 > 子育て支援 > ひとり親支援 > ひとり親家庭等日常生活支援事業

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

ひとり親家庭等日常生活支援事業

ひとり親家庭及び寡婦が修学、疾病等により、一時的に介護が必要な場合に、家庭生活支援員を派遣し、ひとり親家庭等の生活の安定を図ります。

派遣対象世帯

  1. ひとり親家庭等であって、技能習得のための通学、就労活動等の自立促進に必要な事由又は疾病、出産、介護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、転勤、出張、学校等の公的行事への参加等の社会的事由より一時的に介護等が必要な世帯及び生活環境等が激変し、日常生活を営むのに大きな支障が生じている家庭等
  2. 未就学児を養育しているひとり親家庭等であって、就業上の理由により、帰宅時間が遅くなる等の場合(所定内労働時間の就業を除く。)に定期的に介護等が必要な家庭等

介護等の種類及び内容

生活援助及び子育て支援とし、介護等の内容は、乳幼児の保育、食事の世話、住居の掃除、身の回りの世話、生活必需品等の買物、医療機関等との連絡など

事業内容

 

生活援助

子育て支援

実施場所

利用者の居宅

家庭生活支援員の居宅
講習会の会場など

家庭生活支援員の要件
(右のいずれかの要件を備えている者)

1.生活援助の実施に必要な資格として市長が認めた資格を有する者

(看護師、旧訪問介護員など)

2.生活援助の実施に必要な研修として市長が認めた研修を終了した者
(介護職員初任者研修など)

1.国が別に定める子育て支援に関する一定の研修を修了した者

(母子寡婦福祉会が行う子育て支援研修など)

2.1と同等の研修を終了した者として市長が認めた者

(保育士、幼稚園教諭、看護師など)

 

 

利用者負担金

1時間300円
ただし、児童扶養手当支給水準の世帯は、1時間150円
生活保護・市民税非課税世帯は、無料

1時間150円
ただし、児童扶養手当支給水準の世帯は、1時間70円

生活保護・市民税非課税世帯は、無料

(注)利用される方は、あらかじめ登録する必要があります。

(注)詳しくは市母子寡婦福祉会事務局又は市こども福祉課におたずねください。

お問い合わせ先

市母子寡婦福祉会:柳町3-22柳町福祉館3階:099-223-4951

お問い合わせ

健康福祉局こども未来部こども福祉課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1260

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?