ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

構造計算適合性判定制度

構造計算適合性判定が必要な建築物

一定の高さ以上等の建築物

  • 木造で高さ13m超又は軒の高さ9m超
  • 鉄骨造で4階建て以上
  • 鉄筋コンクリート造で高さ20m超
  • その他政令で定めるもの

構造計算の方法による建築物

  • 許容応力度等計算、保有水平耐力計算又は限界耐力計算(これらと同等以上に安全性を確かめることができる構造計算を含む。)を行ったもの
  • 上記の構造計算又は許容応力度計算で、大臣認定プログラムによるもの

建築確認審査業務のフロー

構造計算適合性判定が必要な建築物の場合(平成27年6月1日から改正)

適合判定フロー

(注)改正建築基準法の概要(国土交通省ホームページへリンク)

 

構造計算適合性判定の不要な建築物の場合

構造計算適合性判定の不要な建築物の場合のフロー図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?