• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 土地 > 土地取引 > 用途地域の指定のない区域の建築物の容積率等に係る数値の変更

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

用途地域の指定のない区域の建築物の容積率等に係る数値の変更

白地地域における容積率・建ぺい率については、容積率を400%、建ぺい率を70%と指定しておりますが、白地地域と隣接する市街化調整区域(容積率80%、建ぺい率50%)との指定数値の格差により、相互の建築物や景観、土地利用等での違いが明確となり、統一性や一体性を確保できなくなる恐れがあります。

そこで、今回、白地地域とその周辺部との格差の縮小を図り、良好な都市づくりを形成するために、次のとおり指定数値に変更いたします。

変更になる区域

白地地域(吉田、松元、郡山、喜入都市計画区域のうち用途地域の指定のない区域内)

指定する数値

容積率

200%

建ぺい率

60%

変更日

平成26年4月1日

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?