• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 市街地まちづくり > 谷山地区連続立体交差事業 > 谷山地区連続立体交差事業の高架切替に伴う高架開業のお知らせ

ここから本文です。

谷山地区連続立体交差事業の高架切替に伴う高架開業のお知らせ

中核市による施行で全国初となる本市の谷山地区連続立体交差事業については、平成28年3月26日に高架開業となりました。併せて、「谷山駅・慈眼寺駅」駅舎が完成しました。

概要

谷山地区連続立体交差事業

写真:高架全景

1.事業目的

JR指宿枕崎線の谷山駅付近から慈眼寺駅付近までの約2.7kmを連続して鉄道を高架化することにより、当区間の踏切を除却し、渋滞・事故を解消するなど都市交通の円滑化と鉄道による地域分断の解消を図る。

2.事業主体

鹿児島市

3.事業の種類及び名称

鹿児島都市計画都市高速鉄道事業1号九州旅客鉄道株式会社指宿枕崎線

4.事業延長

工事延長:約3.1km(中塩屋踏切付近から和田川橋梁付近)

高架化延長:約2.7km(小松原地下道付近から慈眼寺駅付近)

5.事業施行期間

平成19年度~29年度

6.総事業費

195億円

7.施工方法

仮線方式(但し、永田川鉄道橋は別線方式)

8.除却される踏切

中村踏切、試験場踏切、諏訪踏切など15箇所

9.鉄道と立体交差する道路

都市計画道路5路線、市道17路線

10.関連事業

谷山駅周辺地区土地区画整理事業、谷山第二地区土地区画整理事業、都市基盤河川木之下川改修事業、鹿児島都市計画道路事業谷山支所前通線

「谷山駅・慈眼寺駅」駅舎

1.谷山駅

写真:谷山駅駅舎

(1)建築計画

副都心の核にふさわしいボリューム感のある駅舎とするため、プラットホームだけでなく、線路も含め全体をフラットな屋根で覆い、駅舎側面にはガラス張りの防風スクリーンを設置し、景観や採光、桜島の眺望などに配慮した構造

(2)バリアフリー対策

エレベーター(1基)、上り専用エスカレーター(1基)等

(3)色彩

茶系を基調

2.慈眼寺駅

写真:慈眼寺駅駅舎

(1)建築計画

天井を低く抑えてコンパクト化を図り、プラットホームのみをフラットな屋根で覆い、駅舎側面にはガラス張りの防風スクリーンを設置し、周辺との景観調和や採光に配慮した構造

(2)バリアフリー対策

エレベーター(1基)等

(3)色彩

シルバー系を基調

 

お問い合わせ

建設局都市計画部谷山都市整備課

〒891-0141 鹿児島市谷山中央5-26-7

電話番号:099-269-8435

ファクス:099-268-2602