• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 交通(道路交通以外) > 交通バリアフリー > 鹿児島市新交通バリアフリー基本構想

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

鹿児島市新交通バリアフリー基本構想

策定の目的

鹿児島市では、鹿児島市交通バリアフリー基本構想(以下、「旧構想」)を平成15年3月に策定し、平成22年を目標として、JR鹿児島中央駅や天文館通電停、桜島フェリーターミナルを中心とした地区において、歩道の段差解消や音響式信号機の設置などの事業を進めるとともに、同地区以外でも、市道バリアフリー推進計画等により、バリアフリー化に取り組んできました。

この間、国においては、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」が平成18年12月に施行され、同法に基づく「移動等円滑化の促進に関する基本方針」の改正が行われるなど、高齢者や障害者等の社会活動参加を促進することとされました。

これら国における対応や旧構想の計画期間が終了したことを踏まえ、本市における道路や公共交通機関などのバリアフリー化を更に進めるため、鹿児島市新交通バリアフリー基本構想(以下、「新構想」)を平成24年3月に策定しました。

基本理念及び基本方針

(1)基本理念及び基本方針

新構想は、基本理念「みんなが出かけたくなるまち かごしま」のもと、「みんなに優しいバリアフリー」など4つの基本方針を掲げ、市民をはじめみんなが出かけたくなるような交通環境の充実を目指すこととします。

(2)目標年度

新構想の計画開始年度は平成24年度とし、目標年度は平成32年度とします。

基本構想の内容

新構想の内容は、以下のとおりです。ご覧になる場合は、下のファイルをクリックしてください。

〔分割版〕

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局企画部交通政策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1113

ファクス:099-216-1108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?