• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 交通(道路交通以外) > 鹿児島市公共交通ビジョン > 鹿児島市公共交通ビジョン(平成22年3月策定、平成29年3月改定)

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

鹿児島市公共交通ビジョン(平成22年3月策定、平成29年3月改定)

1 策定の趣旨

(1)「鹿児島市公共交通ビジョン」の策定

衰退が懸念される公共交通の維持・活性化を図ることはもとより、交通政策の視点から、高齢化の急速な進行、環境問題の深刻化への対応といった社会的要請に応えるためには、市民・交通事業者・行政等が、共通の目標のもと一体となった取組を進める必要があります。
そのようなことから、平成22年3月に、個性と魅力あふれるコンパクトな市街地を形成する集約型都市構造の実現に向け、クルマに過度に依存しない、公共交通を軸とした交通体系を構築するため「鹿児島市公共交通ビジョン」を策定しました。

(2)「公共交通ビジョン」の見直し

「公共交通ビジョン」については、策定後6年が経過し、計画期間の前半が終了したところであり、これまでの推進施策の進捗状況や交通環境の変化、人口減少局面への移行などの社会経済情勢の変化を踏まえ、見直しを検討すべき時期を迎えていました。

また、国においては、平成25年に「交通政策基本法」が制定されるとともに、翌26年には「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」が改正されたことにより、地方公共団体は、同法第5条に基づき、持続可能な地域公共交通網の形成に資する地域公共交通網形成計画を作成することができることとなりました。

これらのことから、平成29年3月に、本ビジョンについて、これまでの推進施策の進捗状況などを踏まえるとともに、同ビジョンが地域公共交通網形成計画を兼ねた戦略となるよう、見直しを行いました。

2 公共交通ビジョンの位置付け

「公共交通ビジョン」は、将来の都市像と都市づくりの方向について基本的な方針を定めた「かごしま都市マスタープラン」の交通体系部門の目標の実現や高齢の急速な進行、人口減少局面への移行、環境問題への対応といった社会的要請に交通政策の面から対応するため、市民・交通事業者・行政等が一体となって取り組む推進計画であり、地域公共交通網形成計画を兼ねた戦略となるものです。

3 公共交通ビジョンの構成等

(1)構成

「公共交通ビジョン」は、本市の交通の現状と課題、社会経済情勢の変化、まちづくりの方向性などを踏まえた基本理念とその理念に基づく3つの基本方針、地域公共交通網の将来像、9つの重点戦略及び推進施策等で構成されます。

(2)目標年度

「公共交通ビジョン」は、「かごしま都市マスタープラン」の交通体系部門の推進計画であることから、目標年度は、同プランと同じ、平成33年度とします。

(3)計画区域

「公共交通ビジョン」の計画の対象とする区域は、鹿児島市全域とします。

4 公共交通ビジョン改定版の内容

公共交通ビジョン改定版の内容は、以下のとおりです。ご覧になる場合は、下のファイルをクリックしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局企画部交通政策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1113

ファクス:099-216-1108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?