• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市長ほっとコーナー > 市長の言葉 > 平成31年仕事始め市長あいさつ

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

平成31年仕事始め市長あいさつ

平成31年市長あいさつの様子(森市長) 平成31年市長あいさつの様子(会場全体)

はじめに

皆さん、明けましておめでとうございます。
皆さん方には、ご家族お揃いで、健やかに、今年は平成の最後の新年となりましたが、輝かしい新春をお迎えになられたことと心からお慶び申し上げます。
市民の皆様には、日頃から市勢発展のため、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
また、年末年始の休暇中にも業務に精励された職員の皆さんには、本当にご苦労様でした。新年を迎え、こうして元気で、すがすがしい姿を拝見いたしまして、大変うれしく、そして頼もしく感じております。職員一人ひとりの大変な努力と尽力により、順調に市政運営ができておりますことに、改めて心からお礼を申し上げます。

時代の転換点を迎えて

さて、今年は歴史的な皇位継承の年にあたります。私たちが歩んできた平成という時代を振り返りますと、好景気に沸いた、いわゆる"バブル景気"とその崩壊、東日本大震災をはじめとした大規模な自然災害の発生、人口減少・高齢化社会への突入、インターネットやスマートフォン、AI等の新技術の急速な普及など、人々の営みや価値観が大きく変化した、激動の30年でありました。今年5月の改元を機に、時代は大きな区切りを迎え、私たちは新たな時代への第一歩を踏み出すこととなります。
このような中、国においては、防災・減災対策による国土強靭化や、生涯現役社会を目指した雇用制度改革、全世代型の社会保障制度改革など、さまざまな取組により、少子高齢化、激動する国際情勢に真正面から立ち向かうとされております。
本市におきましても、人口減少問題を克服し、将来に向けて持続可能な発展を遂げていくため、「第五次総合計画後期基本計画」や「地方創生総合戦略」に基づき、「"豊かさ"実感都市」の実現に向け、各面から、施策のさらなる推進を図っていく必要があると考えております。

希望に満ちた新時代へ向けて

昨年は明治維新150周年という大きな節目の年でありました。大河ドラマ「西郷どん」の放送も相まって、郷土の偉人たちの情熱と気概を思い起こしながら「維新のふるさと鹿児島市」を広く国内外に発信するさまざまな取組をオール鹿児島で推進いたしました。
市民の皆様にとりましても、改めてふるさとに対する誇りや愛着を持っていただく端緒となったものと考えておりますが、これらの機運を一過性に終わらせることなく、いよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック、かごしま国体・全国障害者スポーツ大会の開催というビッグイベントを「まちの元気」に変えていけるよう、引き続き各面からの取組を進めていかなければなりません。
そして、さらに10年先、20年先を見据え、若者や女性をはじめ、市民の皆様が生涯にわたり生き生きと暮らせる「"豊かさ"実感都市」の実現を目指して、私は、4期目のマニフェストに掲げた、次代の「まち」「ひと」「しごと」づくりに、引き続き積極的に取り組み、希望に満ちた次の時代を切り拓くべく、新たな気持ちでチャレンジしてまいりたいと考えております。
そうした中で、1年がスタートするにあたり、職員の皆さんに、特に仕事において大事にし、意識してほしい3つのキーワードを申し上げたいと思います。

(1)ミッション~「使命感」を持って挑もう

1つ目は「ミッション」、市職員としての高い「使命感」を持ち、課題に積極果敢に挑むことであります。
明治維新では、郷土の先人たちが、使命感に燃え、気概を持って、版籍奉還、廃藩置県など、国の形を大きく変える一大改革を成し遂げました。
現在、本市では天文館や鹿児島中央駅・鹿児島駅周辺、交通局跡地など中心市街地における複数の大規模な再開発プロジェクトが本格化しており、また中央駅西口における県体育館の整備、鹿児島港本港区の再開発、サッカースタジアムの建設など、本市の将来のまちの装い、品格、機能などを決定づける、大規模なプロジェクトが計画されています。
業務を遂行する中で、難題に直面することもあるかと思いますが、皆さんには、平成のその先に向かって、新しい時代の本市を次の世代へ引き継いでいくという使命感と気概を持って果敢に挑戦し、様々な課題を乗り越え、未来の鹿児島市を形づくる取組をしっかりと進めていただきたいと思います。

(2)コンビネーション~「連携プレイ」で進めよう

2つ目は「コンビネーション」、仕事のあらゆる面で、「連携プレイ」による相乗効果を発揮し、プランを実行に移すことです。
今年は、ラグビーワールドカップが我が国で初めて開催され、本市でも南アフリカチームがキャンプを行います。ラグビーは、「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」、「一人は皆のために、皆は一人のために」と言われるように、一人一人がそれぞれの役割を果たし、勝利を目指してチーム全体で進んでいく、「チームワーク」が最も大切とされております。
本市では、"次の時代"の発展の礎を築くため、初の海外戦略である「ネクスト"アジア・鹿児島"イノベーション戦略」の推進や、世界トップクラスの火山防災対策を国内外にアピールする「火山防災トップシティ構想」の策定を進めるなど、多角的な連携と交流が不可欠な取組を推進しています。
これらの戦略等で定める目標を達成していくためには、各面からの施策を着実に実行に移していくことが必要です。職員の皆さん一人一人が、所属する局内のタテの意思疎通を図りながら、それぞれの役割をしっかりと果たしていただくとともに、庁内横断的なヨコの連携にも十分に意を用いて、市の組織全体が最高のチームワークを発揮していただきたいと思います。
また、市政は市民の信頼の上に成り立つことを深く肝に銘じ、各種施策の推進にあたっては、市民の皆様の理解を得ることはもとより、国や県、関係団体など、さまざまな主体と連携を図りながら進めていかなければなりません。
希望に満ちた新時代へのトライを目指して、官民挙げて情熱とチャレンジ精神あふれるスクラムを組み、連携プレイで力強く前に進んでいただきたいと思います。

(3)インフォメーション~「情報発信力」を磨こう

3つ目は「インフォメーション」、市政の「情報発信力」を磨くことであります。
ご案内のとおり、鹿児島実業高校男子新体操部による演技が評判となり、優れた動画として「ぐろ~かるPR動画大賞」に輝いた「維新dancin'鹿児島市」は、インターネット上をはじめ各所で注目を集め、本市の対外的なPRに大きな効果をもたらしたことはもとより、市民の皆様にも本市の魅力を再認識していただく好機となりました。
私も、子どもたちが動画のオリジナルソングを口ずさみ、振付を覚えて披露する姿を、さまざまな機会で目にしましたが、本市の歴史や自然、特産品等の多彩な魅力が、幅広い世代にわかりやすく伝わり、記憶に残ったのではないかと感じています。
私たち行政は、地域資源を生かしながら、きめ細かな行政サービスを提供することはもちろんですが、豊かさを実感できる「わがまち鹿児島」をつくりあげていくためには、市民の皆様に市政への理解を深めていただき、市民としてのシビックプライドを育んでいただくことが大切だと思っております。
現在、"鹿児島ファン"の拡大を目指す「シティプロモーション戦略ビジョン」の策定を進めておりますが、皆さんには、本市の魅力や行政サービスを、市民の皆様をはじめ、広く国内外に分かりやすく伝える工夫を重ね、あらゆる手段と機会を通じて、より一層、積極的かつ効果的な情報発信に努めていただきたいと思います。

終わりに

年頭にあたり、希望に満ちた新しい時代のまちづくりに向けまして、皆さんにいくつかお願いをいたしましたが、これらを推進するための基本となるのは、やはり健康であります。
私は、「イクボス」として、市民の皆様の仕事と生活の両立を支援し、組織としての成果も出しつつ、自らも仕事と生活の充実に取り組んでいくこととしています。
行政のプロとして、心と体のコンディションづくりは重要であり、それぞれの職場で、ワーク・ライフ・バランスを大切にしながら、お互いに支え合い、励まし合う中で楽しく仕事ができるような元気で明るい職場環境づくりに鋭意取り組んでいただきたいと思います。

最後に、今年は亥年であります。「亥」は、十二支の中で、植物がその種の内部にエネルギーをためた状態を表すともいわれています。
私は、市民や地域団体、事業者など、鹿児島を愛する皆様と力を合わせ、本市のさらなる飛躍に向けた種をまき、しっかりと育て、次の時代を彩る多様な花が咲き、豊饒な実りがもたらされるよう、「"豊かさ"実感都市」の実現に全力投球してまいります。
私と一緒になってまちづくりに取り組む皆さんの奮起を心から期待いたしまして、仕事始めにあたりましての挨拶といたします。
今年1年、どうぞよろしくお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

企画財政局企画部政策企画課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1106

ファクス:099-216-1108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?