• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 子育て・教育 > 学校教育 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 大型連休中を含む前後の新型コロナウイルス感染症対策

ここから本文です。

更新日:2022年4月26日

大型連休中を含む前後の新型コロナウイルス感染症対策

1.新型コロナウイルス感染症対策の徹底

(1)「3つの密」(特にリスクの高い5つの場面)の回避、マスクの適切な着用、こまめな換気、手洗いなど基本的な感染対策を行う。

(2)毎朝の検温等の健康観察を入念に行い、発熱や体調不良等の場合は、登校・出勤を控え、早めに医療機関を受診する。

(3)臨時休業が決定した際は、児童生徒の学びの保障のため、オンラインを活用した取組を積極的に進めるようにする。

2.部活動等の対応

(1)「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~『学校の新しい生活様式』~(2022年4月1日Ver.8)」(外部サイトへリンク)における学校の行動基準「レベル3」に基づいた対策を徹底する。

  • 部活動前後の児童生徒同士でのマスクを外した会話や食事を控えるよう、特に指導を徹底する。
  • 活動開始前の検温、健康観察を実施する。
  • なるべく個人での活動とし、少人数で実施する場合は十分な距離を空けて活動する。
  • 密集する運動や接触したりする場面が多い活動、向かい合って発声したりする活動は行わないようにする。

(2)練習試合や合宿等を行う際は、必要性を慎重に判断する。また、遠征先の感染状況や感染した際の対応等を検討し、保護者の理解と承諾を得る。また、会場への移動時や飲食時の感染症対策も徹底を図る。

(3)感染不安がある場合は、無料のPCR検査等も活用する。

3.修学旅行等の学校行事

  • 集団での移動や宿泊を伴う学校行事等については、地域の感染状況等を把握の上、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」等を踏まえ、感染防止策の確実な実施や保護者への説明を行った上で実施を検討する。

4.新型コロナウイルス感染症に基づく偏見や差別の防止の徹底

(1)インターネット上や家庭における課題が生じている可能性も踏まえ、悩みを抱える児童生徒の早期発見に努める。
(2)児童生徒が新型コロナウイルス感染症を理由とした、いじめや偏見等に悩んだ場合の相談窓口等の周知を行うとともに、心のケア等に努める。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部保健体育課

〒892-0816 鹿児島市山下町6-1

電話番号:099-227-1951

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?