桜島フェリー > クルーズ・貸切船 > 錦江湾魅力再発見クルーズ

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

「錦江湾魅力再発見クルーズ2017」春期の運航

錦江湾魅力再発見クルーズ(鹿児島港発着)の2017春期運航」は平成29年5月に実施いたします。

錦江湾魅力再発見クルーズは、平成24年3月の「霧島錦江湾国立公園」の誕生、平成25年9月の「桜島・錦江湾ジオパーク」認定を機に、雄大な活火山桜島を背景に錦江湾を巡るクルーズ船を運航し、地元の皆さま及び観光で訪問されるお客様に桜島と錦江湾の魅力を体感していただく、1,000円の格安なクルーズ(運航時間約2時間15分)です。

春期は、3つのコースで運航し、運航日ごとにテーマを「桜島・錦江湾(ジオ)」「食」「歴史」として実施します。

 

  • 現在、春期の予約受付中です。

 

 お問い合わせ・・・桜島フェリー営業課099-293-4785(月曜日から金曜日までの8時30分から17時00分) 

 詳細については「予約の受付」コーナーをご覧ください。

錦江湾魅力再発見ポスター

 

予約の受付

予約の受付

現在、ご乗船予約を受け付けております。

予約方法

電話、ファックス、メールで次の事項をご連絡ください。

 乗船希望日、乗船人数(乗船者の年齢)、代表者名、代表者連絡先(電話番号、住所)

お問い合わせ

電話番号 099-293-4785
Fax番号  099-293-2972
Eメール 
 ※迷惑メール防止のためメールアドレスを画像化しています。

 

ページの先頭へ戻る

 

錦江湾魅力再発見クルーズの「特色」

  • 3つのコースで運航し、運航日ごとに「桜島・錦江湾(ジオ)」「食」「歴史」の専門家の講演(約30分程度)をききながら、桜島・錦江湾の魅力をお楽しみいただけます。
  • 普段見る機会の少ない新島(燃島)、神造島、沖小島などや、間近で噴煙を上げる昭和火口の眺望
    ※詳しくは、「ここが見どころ・聞きどころ」コーナーをご覧ください!! 
  • クルーズの特色を活かした、水族館職員による船内での講演を実施します。
    ※詳しくは、「船内での講演」コーナーをご覧ください!! 
  • 桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会と連携しています。
  • 運が良ければイルカと出会える?かも……
  • 条件次第で、鹿児島の三大火山(桜島・霧島・開聞岳)が見られます。

ページの先頭へ戻る

 

運航日・コース・テーマ・講師について

運航日

5月14日

(日曜日)

5月21日

(日曜日)

5月28日

(日曜日)

運航コース

 

 

新島巡り・ジオコース 

 

 

錦江湾の恵み(南)コース

近代日本黎明期を巡る(北)コース

主なテーマ

桜島・錦江湾(ジオ)

歴史

講師

(予定)

鹿児島大学

名誉教授

大木 公彦 氏

鹿児島純心女子短期大学

教授

櫻井 真 氏

 

維新ふるさと館

特別顧問

福田 賢治 氏

 

ページの先頭へ戻る

 

運航コース

新島巡り・ジオコース       鹿児島港→江戸時代に生まれた新島周辺→昭和火口を眺望→鹿児島港

錦江湾の恵み(南)コース     鹿児島港→神瀬・沖小島周辺→古里温泉沖→垂水市海潟沖

                 →マリンポートかごしま沖→鹿児島港

近代日本黎明期を巡る(北)コース 鹿児島港→世界文化遺産旧集成館(仙巌園)沖→重富干潟沖

                 →神造島沖→桜島遠望→鹿児島港

ページの先頭へ戻る

 

出港及び運航時間

12時30分 鹿児島港を出港(乗船〆切12時25分) 14時45分ごろ 鹿児島港へ帰港

約2時間15分(12時30分~14時45分ごろ)

  • 長時間の運航となりますので、体調のすぐれない方や臨月の妊婦さんなど乗船前にご相談させていただく場合があります。

ページの先頭へ戻る

 

定員

  • 各運航日…250名

ページの先頭へ戻る

 

乗船料金

区分

料金(円)

大人

1,000

小児

500

  • 大人1人につき未就学児1人無料です。
  • 車両の乗船はできません。
  • 旅行クーポン券,クレジットカードは使用できません。

ページの先頭へ戻る

 

割引料金

区分

割引率

団体(15人以上)

1割引

学生団体

3割引

障害者等

5割引(証明書提示)

高齢者(70歳以上)

1割引(証明書提示)

その他鹿児島市交通局の一日乗車券、シティビュー一日パスポートやキュート(市電、市バス、フェリー共通利用券)、SUNQパス(九州内のバス乗り放題乗車券)を提示すると2割引

ページの先頭へ戻る

 

船内での講演

  • 「桜島・錦江湾(ジオ)」「食」、「歴史」をテーマとした専門家による講演
  • 錦江湾のイルカや魚、若尊カルデラ海底付近の珍しい生物(サツマハオリムシ)についてかごしま水族館職員による講演
  • 桜島・錦江湾ジオパークに関するビデオ放映
  • 火山灰を使った絵葉書づくり体験プログラム

ページの先頭へ戻る

 

船内のご案内    

  • バリアフリー対応船ですので、車イス等でのご乗船も可能です。
  • ご乗船の際の駐車場はありません。公共交通機関をご利用いただくか、鹿児島港のフェリーターミナルに隣接する鹿児島県営有料駐車場をご利用ください。
    (料金は、軽自動車、普通車で一時間まで無料、以後一時間ごとに200円必要です。利用者の割引はありません。)
  • お弁当等はご自分で準備されて持込OK!
  • 飲み物、アイスクリーム、フェリーのオリジナルグッズ等を販売する船内売店(「十津川農場カゴシマ」運営)や乗船した著名人もおススメの「うどん・そば」店(「やぶ金」運営)も営業しています。

ページの先頭へ戻る

 

ここが見どころ・聞きどころ!

この錦江湾魅力再発見クルーズ船では、3つのコースで運航し、運航日ごとに「桜島・錦江湾(ジオ)」「食」「歴史」の専門家の講演(約30分程度)を聞きながら、桜島・錦江湾の魅力をお楽しみいただけます。

  • 新島巡り・ジオコース

姶良カルデラ(錦江湾)

錦江湾は、火山の噴火でできた海です。29,000年前に起こった巨大噴火の時、現在の錦江湾奥部で巨大噴火が起き、大量のマグマが噴出して地下が空っぽになり、地表が崩れ落ちてへこみました。こうしてできた巨大な穴が姶良カルデラです(カルデラとはスペイン語で「鍋」という意味です)。最初は陸地でしたが、やがて海水が入り込み、深いところは水深200m以上もある錦江湾となりました。

新島(燃島)

面積が約0.1平方キロメートルの霧島錦江湾国立公園に指定されている島で、現在は無人島(新島町)となっています。

 1779年(安永八年)の「安永の大噴火」から翌年にかけて、桜島の東北海上において、海底噴火の現象があり、いくつかの小島が海底の隆起により誕生しました。
「新島」の名は、現在の新島一島のみを指すのではなく、誕生当時は付近一帯の小島を含めた総称でした。
現在の「新島(燃島)」は、1780年(安永九年)4月に誕生したことから「安永島(五番砂島)」といわれ、新島の中で最も大きな島であったことから「新島」と呼ばれるようになりました。

桜島の昭和火口

南岳山頂火口の南東にあるものが昭和火口です。同火口は、1946年の昭和噴火で溶岩を流し、その後しばらく活動を休止していました。
2006年に58年ぶりに噴火。2009年より噴火回数が増加し、現在に至ります。

 

  • 錦江湾の恵み(南)ース

神瀬(かんぜ)

干潮時には海面に現れ、満潮時には海中に沈む瀬。神瀬灯標(かんぜとうひょう)は光到達距離24キロメートル、灯台の高さ18メートルで、鹿児島入港をする船舶の目印になっています。薩英戦争では、イギリス艦の侵攻に備えて、周囲に石を積み、台場を築きましたが、大正3年の噴火の影響で、今は台場の面影はみられません。

沖小島(おこがしま)

 桜島の南西沖にある約5ヘクタールの無人島(桜島横山町)です。県の絶滅危惧種に選定されたウチヤマセンニュウという夏季に日本に飛来する渡り鳥の生息地として鳥獣保護区にしてされるとともに、霧島錦江湾国立公園の海域公園地区に指定されています。また、薩英戦争時に設置された砲台の跡は市の文化財(記念物)に指定されています。

海潟沖のいけす

海潟漁港は江ノ島や桜島の景観雄大な漁村で、天保時代から浦型漁猟の伝統をもち、かつては、かつお餌料生簀の日本一の漁村でした。そして今は「かんぱち」の養殖が盛んで、「海の桜勘」のブランドで全国展開しています。

 

  • 近代日本黎明期を巡る(北)コース

旧集成館(仙巌園)

仙巌園は錦江湾や桜島を庭園の景観に取り入れた名園として国の文化財にも指定されています。園内の孟宗竹は1736年に植えられここから全国に広がったと言われています。霧島錦江湾国立公園に指定され、仙巌園内の反射炉跡や仙巌園に近接する尚古集成館(旧集成館機械工場)、異人館(旧鹿児島紡績所技師館)は「旧集成館」として世界文化遺産に登録されています。

西郷隆盛蘇生の家

現在の鹿児島市吉野町花倉にある小さなわらぶき屋根の家が、1858年の安政の大獄で逃れてきた清水寺(きよみずでら)の尊王攘夷派の僧の月照とともに入水をはかった西郷隆盛が、奇跡的に一命を取り留め、蘇生した家です。 

神造島(かみつくりしま)

北側から順に辺田小島、弁天島、沖小島(へたこじま、べんてんじま、おきこじま)と呼ばれる3つの島の総称です。40万年前の海の地層があることから、約3万年前の姶良カルデラの噴火後に波で削られてできた島です。8世紀末の続日本紀には、764年の天平宝字(てんぴょうほうじ)の大爆発後に現れたとされています。

桜島と潜水艦

昭和火口からの噴火直後(新島付近から)

ページの先頭へ戻る

 

使用船舶

平成29年度は、スーパーエコシップ「第二桜島丸(サクラフェアリー)」(H27.4月就航)を使用します。

  • バリアフリー対応船です。
  • 展望スペースが従来船より充実。
  • 小型犬、猫は、専用ケース・キャリィバック等に入った状態でのみ乗船可能です。

ページの先頭へ戻る

 

乗船券のお買い求め方法

乗船予約後、乗船日当日は鹿児島港桜島フェリーターミナル2階に設置する特設の乗船券発売所で午前11時30分から販売します。

※座席指定券ではないため、乗船券の購入順でのご乗船となりますので、ご了承ください。
※船へのご乗船は、午前11時40分過ぎのご案内となります。

  • クレジットカード・旅行クーポン券は使用できません。
  • 座席指定券ではないため、先着順での乗船となります。

ページの先頭へ戻る

 

乗船券発売所までのアクセス

  • 鹿児島市外から自動車でおいでになる場合は、カーナビに鹿児島港乗船券発売所(桜島フェリーターミナル)の電話番号099-223-7271を入力すると案内が開始されます。
    なお住所は鹿児島市本港新町4番地1です。
  • JR鹿児島中央駅(東口)からは、
    • 市電(路面電車)の場合…「水族館口」(約15分)で下車して徒歩5分。(10時00分発の観光レトロ電車「かごでん」でもOK,乗車後に観光ガイドにご確認ください。)
      (鹿児島中央駅前電停)
    • 周遊バス「カゴシマシティビュー」(ウォーターフロントコース)の場合…10時00分発、11時20分発で「かごしま水族館(桜島フェリーターミナル)」(約15分)で下車、徒歩1分。
      (東口4番のりば)
    • 鹿児島市営バス、その他の民営バスの場合※バスの運転手にご確認ください。
      …JR鹿児島駅方面行きに乗車、「水族館口」(約15分)で下車して徒歩7分。(東口5番のりば)
      ※東口5番のりばに停まる「市役所前」行きのバスは「市役所前」で下車。徒歩8分。
      ※東口5番のりばに停まる「水族館前」「ドルフィンポート前」行きのバスは「水族館前」で下車。徒歩1分

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせについて

錦江湾魅力再発見クルーズについてのお問い合わせは、月曜日~金曜日の9時00分~17時00分までにお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

船舶局 営業課

〒891-1419 鹿児島市桜島横山町61-4

電話番号:099-293-4785

ファクス:099-293-2972

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?