桜島フェリー > 桜島フェリー概要 > 桜島フェリー旬だより(参考掲載) > 桜島フェリー旬だより(No.73) ~大地のくしゃみこれは凄い!~

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

桜島フェリー旬だより(No.73) ~大地のくしゃみこれは凄い!~

平成24年3月、霧島錦江湾国立公園の誕生を機に、雄大な活火山桜島を背景に錦江湾の湾奥を楽しんでいただくために運航を開始した錦江湾魅力再発見クルーズも今年で3年目を迎えました。
乗船定員を250人と限定していることもあり、運航予定日の1週間前には定員を超してしまうため、次週または次々週の予約をご案内するほどでした。
本年は、さらに多くの皆様にも楽しんでいただけるよう秋季に加え春季に2回機会を増やし、合計10回運航することとしました。
春季は、5月10日と17日を運航日とし、予約受付は1か月前に開始したのですが、予約開始と同時に電話のベルが鳴りやまず、1週間後にはすべて予約でいっぱいとなってしまいました。
鹿児島の皐月は一年のうちで最も過ごしやすい季節です。洋上の風は大変気持ちがよく、心身ともにリフレッシュできます。

クルーズ受付の様子

船内での講演の様子

春季運航の両日は天候もよく、クルーズ日和でした。
今回のクルーズは、なかなか体験ができないチャンスにめぐり合うことができました。
船内では、毎回専門の先生をお招きし、桜島や錦江湾についてお話をしていただくことにしているのですが、5月10日は、船内の2階甲板上で、平成25年9月に誕生した桜島・錦江湾ジオパークについて専門の先生が話をされておりました。ちょうどフェリーが昭和火口の見える洋上に差し掛かったその時、昭和火口における観測史上2番目の4,500mに達する噴煙が昭和火口から上がり、その一部始終を間近に見ることができました。まさしく「ジオ」を体感できました。

昭和火口からの噴煙の様子

秋季の予約開始についてのお知らせは、8月の市政広報誌市民のひろばや桜島フェリーホームページに掲載します。是非一度、洋上から桜島や錦江湾の魅力を体感してください。もしかすると大地のくしゃみを見ることができるかもしれません。

(2014年6月20日横山博)

お問い合わせ

船舶局 総務課

〒891-1419 鹿児島市桜島横山町61-4

電話番号:099-293-4782

ファクス:099-293-2972

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?