• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 新産業(フードビジネス・健康サービス産業など)創出支援 > 「ヘルスケアビジネス創出支援プログラム2019」の実施

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

「ヘルスケアビジネス創出支援プログラム2019」の実施

目的・概要

鹿児島市では、地域のニーズを踏まえた新たなヘルスケアサービス創出を目的に、「グループワークを通じた事業案の検討」・「事業案の募集・選考」・「専門家による個別事業化支援」を一体的に組み込んだ「ヘルスケアビジネス創出支援プログラム」を実施します。

HAP2019イメージ

参加者募集チラシ(PDF:424KB)

実施日程・場所

日程

STEP1・DAY1「知る」(7月23日(火曜日)15時から2時間程度)

  • オリエンテーション、自己紹介
  • セミナー「ヘルスケア新事業創出の勘所」
  • 保険者ニーズ、医療・介護ニーズの復習等
  • 終了後は、会場内で交流会(90分程度)

STEP1・DAY2「考える」(8月23日(金曜日)15時から2時間程度)

  • 現在、提供している商材を各社からそれぞれ発表
  • 事業案創発のためのグループワーク(1回目)(保険者ニーズ、医療・介護ニーズに対する事業案を中心に)

STEP1・DAY3「創る」(9月20日(金曜日)15時から2時間程度)

  • 事業案創発のためのグループワーク(2回目)(参加者同士、他の事業者とのかけ合わせを視野に)
  • グループ発表(30分程度)
  • 終了後は、会場内で交流会(90分程度)

STEP2(10月21日(月曜日)15時から2時間程度)

  • 事業案の発表・(STEP3での支援先3社の)選考

STEP3(11月から翌年2月のうち、全4日程)

  • ヘルスケアビジネスの事業化を支援する専門家(ヘルスケア・アクセラレーター)が、個別・対面で支援先の事業案をブラッシュアップし、そのビジネスモデル構築を支援(毎月1回・計4回)

詳細は、「参加者募集チラシ(PDF:424KB)」を参照してください。

場所

markMEIZAN(外部サイトへリンク)2階ユーティリティスタジオ

会場(markMEIZAN)

参加者募集要項

募集対象

以下のいずれかに該当する企業・団体等

募集定員

18名程度

(定員を上回る場合は、「鹿児島市新産業創出研究会ヘルスケア産業部会」の会員を優先)

参加費用

無料。但し、交流会(参加は任意)は有料(1人あたり2,000円)

参加者の募集期間

令和元年6月11日(火曜日)から7月16日(火曜日)まで

参加申込方法

以下の申込書に必要事項を記載のうえ、7月16日(火曜日)までに、メール又はFAXにて、「ヘルスケアビジネス創出支援プログラム」運営事務局(株式会社九州経済研究所内)へ申し込んでください。

参加申込書(ワード:25KB)参加申込書(PDF:507KB)

本プログラムの全体ファシリテーター兼ヘルスケア・アクセラレーター

株式会社くまもと健康支援研究所(外部サイトへリンク)・代表取締役・松尾洋氏

くまもと健康支援研究所松尾氏

熊本大学大学院教育学研究科を終了後、熊本大学発健康ベンチャー企業として、平成18年に同社を設立。市町村、健康保険組合の健康づくり事業に従事するとともに、医療機関と連携した新たな健康づくり事業である医商連携まちづくり「うえきモデル」を構築。同モデルは、「産業構造ビジョン2010」および「日本再生戦略」で先進事例として紹介され、厚生労働省「健康寿命をのばそうアワード2012」において企業部門優良賞を受賞。平成27年度経済産業省「地域ヘルスケアビジネス創出支援人材育成プログラム」(アクセラレーター育成プログラム)を受講。アクセラレーター認定。

実施体制

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業局産業振興部産業創出課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1319

ファクス:099-216-1303

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?