• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年10月12日

「Kagoshima Startup Birth Project」の実施

目的・概要

急成長を目的とするスタートアップなど、将来、鹿児島発の大きな事業(スケール型のビジネス)を目指す起業家・事業家の芽づくり・育成と、それらコミュニティの活性化を図るため、成長意欲の高い起業家や第二創業を目指す若手経営者、新規事業への進出を目指す中小企業等を対象に、同ビジネスの立ち上げに必要な思考様式・知識等を学ぶための講義や、先輩起業家等によるメンタリングを組み込んだ、事業創造支援プログラムを実施します。

具体的には、九州・東京の起業家や支援団体に協力をいただき、8月から11月のうち、4日間の日程で、「セミナー」や「メンタリング」(注1)、成果発表会の過程を通じて、事業創造に関するマインドセットやワークショップ、仮設検証、ピッチ(注2)の方法等を学んでいただくプログラムを実施します。

また、成果発表会に向けた個別のピッチブラッシュアップの機会も設定します。

参加者募集チラシ(PDF:1,137KB)

(注1)「メンタリング」とは、人の育成、指導方法の一つで、メンター(良き指導者・助言者)との対話を通じて、気づきや助言を得ることで、メンティー(メンターから指導・支援を受ける人)の自発的な成長を支援することです。

(注2)「ピッチ」とは、スタートアップが投資家などに対して、まだ世の中に存在していない概念や新しいアイデアを提案する際に行う短いプレゼンテーションのことを意味します。

実施日程・実施場所

日程

DAY1(8月22日(土曜日)13時から17時まで)

(注)講師はオンライン参加となります

事業創造マインドセット

  • 講演「地域における支援者の役割」(講師:中国銀行/スタートアップキングダム 代表・石元玲氏)
  • パネルディスカッション(パネラー:スタートアップキングダム・石元玲氏、株式会社ゼロワンブースター代表取締役・鈴木規文氏、株式会社ゼロワンブースターセールス&マーケティングディレクター・平岡仁志氏)
  • 講義「事業創造マインドセット」「事業創造動機(内発的動機)の言語化、仮説検証」(講師:株式会社ゼロワンブースター)
  • 個別メンタリング(メンター:5名、メンタリング:10名(1名あたり30分予定))

KSBP2020_DAY1-1KSBP2020_DAY1-2

DAY2(9月12日(土曜日)13時から17時まで)

(注)講師はオンライン参加となります

想定顧客の明確化と仮設構築、仮説検証

  • 講演「起業からこれまで」(講師:株式会社アグリツリー代表取締役・西 光司氏)
  • 講演「起業からこれまで」(講師:有限会社ビズキューブ代表取締役社長・清水洋一氏)
  • 講義「想定顧客の明確化と仮説構築」(講師:株式会社ゼロワンブースター)
  • 個別メンタリング(メンター:5名、メンタリング:10名(1名あたり30分予定))

KSBP2020_DAY2-1KSBP2020_DAY2-2

DAY3(10月10日(土曜日)13時から17時まで)

実践者による事業創造体験を学び、事業創造マインドセットや事業モデルを再考

  • 講演「起業からこれまで」(株式会社ファームフェス代表取締役・小平勘太氏)
  • 講義「実践者による事業創造のリアル」(株式会社ゼロワンブースター)
  • 個別メンタリング(メンター:5名、メンタリング:10名(1名あたり30分予定))

KSBP_DAY3-1KSBP_DAY3-2KSBP_DAY3-3

ピッチブラッシュアップ(11月中旬)

オンラインにて、個別のブラッシュアップを実施

(注)個別メンタリング対象者のみ

DAY4(11月21日(土曜日)13時から18時まで)

成果発表(実践的な場)

  • 講演「起業からこれまで」(株式会社ジーケア代表取締役・宮﨑拓郎氏
  • 参加者ピッチ(ピッチ5分/1名・Q&A5分/1名)
  • オンライン投票・表彰・全体講評(VCや起業家などによる講評)
  • 交流会(同会場にて開催予定)

KagoshimaStartupBirthProjectDAY3KagoshimaStartupBirthProjectDAY3

(注)写真は2019年度に実施した時の様子

場所

markMEIZAN(外部サイトへリンク)2階ユーティリティスタジオ

参加者募集要項

募集対象

  1. 経営者の交代などにより、第二創業を目指す若手経営者
  2. 創業準備期から創業5年程度の起業家
  3. 企業の新規事業開発担当者(経営者を含む)
  4. その他、スタートアップや起業、新規事業開発に関心のある方(大学の教員・学生、産業支援機関担当者を含む。)

募集定員(注3)

  1. メンタリング参加者(全4日程に参加)(10名)(注4)
  2. オープンセミナー参加者(DAY1,DAY2,DAY3の3日程に参加)(30名程度)

(注3)定員を上回る場合は、以下の方を優先します。

(注4)メンタリングへの参加を希望する方は、以下の点について、予めご承知おきください。

  • メンタリング参加者は、スケールを目指すビジネスプラン(アイデア段階でも可)を持っている方が対象です。
  • 基本的に、メンタリング参加者には、DAY4「成果発表会」でピッチしていただくことを想定しておりますので、DAY3の時点で、ビジネスプラン(又はアイデア)をブラッシュアップできるようご準備ください(収支計画等の細かなプランは不要です)。
  • 発表定員を上回る場合は、申し込みの際にご提出いただく「事前アンケート」等により選考いたしますので予めご容赦ください。

参加費用

無料。但し、DAY1・DAY4の交流会(参加は任意)は有料(1人あたり2,000円程度)

参加者の募集期間

令和2年7月6日(月曜日)から8月17日(月曜日)まで(令和2年度の募集は締め切りました)

参加申込方法

以下の申込書等に必要事項を記載のうえ、メール又はFAXにて、「Kagoshima Startup Birth Project」運営事務局(株式会社九州経済研究所内)へ申し込んでください。
送信の際は、タイトルに「Kagoshima Startup Birth Project参加申込」を記入してください。
E-mail:KERメールアドレス
FAX:099-226-5975

本プログラムのメンター紹介

今回、ライフワークとしてもメンタリングを行っている株式会社ゼロワンブースターや、経験豊富な起業家、地元支援者の方々がメンターとなって、ビジネスプランの壁打ち役になっていただきます。

 

株式会社ゼロワンブースター(外部サイトへリンク)(東京)

01Boostermenter

  • (一番左)鈴木規文氏(代表取締役):DAY1
  • (左から2番目)合田ジョージ氏(共同代表・取締役):DAY4
  • (右から2番目)平岡仁志氏(セールス&マーケティングディレクター):DAY1,DAY2,DAY3,DAY4
    • 2004年、新卒で自動車内装部品会社に入社。主にトヨタ自動車に対する内装部品の営業・企画・生産準備・品質管理等に従事。2007年、幅広く業務を経験する中で自身のキャリアの幅を拡げるため、日本GECommercialFinanceへ転職。中小企業を中心にリース・保険等の金融サービスのソリューション営業を担当。その後、リーマン・ショックの影響から、社会性・公共性・成長性の高い業界への転職を決意。2009年、医療系ベンチャーの株式会社エス・エム・エスに転職。同年12月、エムスリー株式会社との合弁会社、エムスリーキャリア株式会社の立ち上げに参画し、医師転職支援のキャリアコンサルタントとして、紹介事業立ち上げに従事。オペレーション構築、複数の大手医療グループとの取引拡大、事業提携等で医師人材紹介事業の拡大に貢献。2015年9月、独立。グロービス経営大学院MBA。
  • (一番右)杉田剛氏:DAY2,DAY3
    • 1999年、青山学院大学卒業後、NTT東日本入社し、主に法人営業を担当。結婚を機に、地元宮崎に戻り、歯科医院経営支援ののち、07年宮崎商工会議所入所。商店街支援、観光事業計画、経営支援、創業支援、みやざきスタートアップセンターの立ち上げ、運営を行う。2019年4月より、01booster参画。

鹿児島

  • 有限会社ビズキューブ 代表取締役社長・清水洋一氏:DAY1,DAY2,DAY3,DAY4
  • 株式会社ファームフェス 代表取締役・小平勘太氏:DAY3

福岡・岡山・東京

  • スタートアップキングダム 代表・石元 玲氏:DAY1
  • 株式会社アグリツリー 代表取締役・西 光司氏:DAY2
  • 株式会社ジーケア 代表取締役(共同経営者)・宮﨑拓郎氏:DAY4

実施体制

(注5)本企画は、鹿児島市が株式会社九州経済研究所へ委託する「鹿児島市新産業創出支援業務」の一環として実施します。

後援

鹿児島県、国立大学法人鹿児島大学産学・地域共創センター、九州経済産業局、一般社団法人九州経済連合会、独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部南九州事務所、株式会社日本政策金融公庫鹿児島支店

問い合わせ・申込先

「Kagoshima Startup Birth Project」運営事務局(株式会社九州経済研究所 企画戦略部内)

電話:099-225-7491
FAX:099-226-5975
E-mail:KERメールアドレス


 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業局産業振興部産業創出課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1319

ファクス:099-216-1303

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?