• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 防災・消防・安心安全 > 安心安全(防犯・交通安全) > 支援・助成 > 地域安心安全ネットワーク会議活動支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

地域安心安全ネットワーク会議活動支援事業

小学校区ごとに、防犯パトロール隊、スクールガードなど地域の安全確保のために活動している団体等で構成される「地域安心安全ネットワーク会議」の運営を支援し、団体等間の連携や情報の共有化を促進することにより、効率的な活動の推進を図る。

事業概要

鹿児島市地域安心安全ネットワーク会議について

趣旨

地域における安心安全なまちづくりを推進するため、地域の安全確保に関する自主的な活動を実施している防犯パトロール隊、スクールガード等(以下「団体等」という。)の相互の連携や情報の共有を図る「鹿児島市地域安心安全ネットワーク会議」(以下「ネットワーク会議」という。)を設置及び運営する団体等に対して補助金を交付します。また、セーフコミュニティの評価指標に応じた取組や暗がりチェック、環境診断など、安心安全なまちづくりに関する活動を行う同会議に対して補助金を交付します。

補助金の交付対象

小学校区を単位としてネットワーク会議の設置及び運営に取組む当該小学校区内の団体等

補助金の交付対象経費

1ネットワーク会議

(1)ネットワーク会議の設置・運営に要する経費

会議費(飲食費(ただし、アルコールは除く。)、消耗品費、印刷製本費(写真の現像など)、通信運搬費(切手代)、使用料及び賃借料(会場借上料など)、その他会議に必要と認められる経費。

初年度においては、会議設置のための準備会議等に係る経費。

(2)その他団体等間の連携や情報の共有を図るために必要な経費

消耗品費、印刷製本費(写真の現像など)、通信運搬費(切手代)など必要と認められる経費。

2安心安全なまちづくりに関する活動

(1)セーフコミュニティの交通安全分野及び高齢者の安全分野の取組を行うために必要な経費。

(2)夜間における暗がりチェックを行うために必要な経費。

(3)交通危険箇所等の環境診断を行うために必要な経費。

(4)その他地域の安心安全なまちづくり活動を行うために必要と認められる経費。

補助金の額等

1ネットワーク会議

1ネットワーク会議当たり年額5万円以内(3年を限度)

ただし、同補助金を3年間交付された場合の補助金の額は、年額3万円以内(3年を限度)

2安心安全なまちづくりに関する活動

1年につき2万円以内

補助金の交付の条件

1ネットワーク会議の開催

おおむね学期ごとを目安に年3回以上とし、継続的に実施できること。ただし、年の途中で会議を設置した場合はこの限りでない。初年度においては、会議設置のための準備会議を含む。また、隣接校区等との合同開催も可。

2安心安全なまちづくりに関する活動

セーフコミュニティの交通安全分野及び高齢者の安全分野の取組や夜間における暗がりチェック、交通危険箇所等の環境診断など

20NTイメージ

申請書・報告書、記入例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局危機管理部安心安全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1209

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?