ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

交通安全

交通安全分野では、交通事故の減少を目指し、セーフコミュニティの取組の全市的な展開を進めています。

新着情報

  • 平成29年5月15日交通安全対策委員会を開催しました
  • 平成29年2月9日交通ヒヤリハットマップが公開されました
  • 平成29年2月9日交通安全対策委員会を開催しました交通安全画像

 

 

 

過去の情報一覧

 

交通安全対策委員会

  • 交通安全対策委員会は、交通安全に関するデータ等から課題を抽出し、その解決に向け、取組内容などの検討を行っています。
  • 委員は、交通安全関係者、安心安全のための活動を行う団体、警察、行政関係者等の22名で構成されています。
  • 吉野小校区をモデル地区として、吉野校区安心安全ネットワーク会議を中心に、地域住民主体の交通事故の防止活動に取り組んでいます。

交通安全対策委員会

交通安全対策委員会の目的、具体的な目標、取組の対象者、取組内容

目的 具体的な目標 取組の対象者 取組内容
交通事故の減少 自動車による交通事故減少 運転者 (1)シートベルト着用の啓発活動
(全席シートベルトの着用)
(2)企業等への交通安全講習等
高齢者の交通事故減少 高齢者 (1)参加・体験型の交通安全教室等
(2)高齢者の世帯訪問による交通安全教育
(3)夜光反射材の着用啓発
子ども(中学生以下)の交通事故減少 歩行中の未就学児、小学生 (1)保護者等も含めた参加・体験型の交通安全教育等
自転車乗車中の小学生、中学生 (2)保護者等も含めた参加・体験型の交通安全教育等
モデル地区から提案された取組 (1)交通安全マップの作成

 

交通安全対策委員会の開催状況

平成29年度第1回平成29年5月15日(月曜日)

  • 取組の全市的な展開について
  • 各団体等における交通安全の取組調査について

平成29年度第2回平成29年10月30日(月曜日)

  • セーフコミュニティ年間活動報告書について

過去の会議一覧

交通事故に関するデータ

本市における交通事故の発生状況をみてみると、負傷者数は年々減少していますが、死者数は増減を繰り返しています。また、死者数の半数を高齢者が占めています。

本市における交通事故の発生状況

モデル地区:吉野小校区

モデル地区の吉野小校区では、地域住民が主体となり、交通安全に関するさまざまな取組を行っています。

認証審査

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局危機管理部安心安全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1512

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?