• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 防災・消防・安心安全 > セーフコミュニティ > セーフコミュニティ推進フォーラム > 第1回セーフコミュニティ推進フォーラムを開催しました

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年2月17日

第1回セーフコミュニティ推進フォーラムを開催しました

セーフコミュニティの取組の全市的な展開にあたり、セーフコミュニティの取組を多くの方に知っていただくため、7月12日(火曜日)、かごしま市民福祉プラザ5階大会議室にて、第1回セーフコミュニティ推進フォーラムを開催しました。

推進フォーラムは、下記のプログラムで進行され、住民組織の代表や小中学校の関係者など、約220名が出席しました。

プログラム

第一部講話

前野隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授)から、「セーフコミュニティと幸せ」と題し、「幸せ」に必要な因子と「幸せ」のメカニズムについての解説や、地域課題解決のための活動参加意欲と幸福度の相関関係から、地域活動を行う人は幸福度が高いことなどを、科学的な側面から講演いただきました。

セーフコミュニティ推進フォーラム

第二部パネルディスカッション

「セーフコミュニティの取組~取組の全市的な展開に向けて~」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、本市のセーフコミュニティ活動を支援いただいている白石陽子氏から、セーフコミュニティの誕生と歩みを説明いただいたほか、本市の取組の紹介や、モデル地区代表の永山惠子氏(交通安全分野)や種子島時基氏(高齢者の安全分野)から、モデル地区の取組の発表がなされました。

この中で、モデル地区代表から、取組を始めるにあたってのアドバイスや、取組による効果についての発言があり、参加者は熱心に聞き入っていました。

パネリスト

  • 白石陽子氏(日本セーフコミュニティ推進機構代表理事)
  • 永山惠子氏(吉野校区安心安全ネットワーク会議会長)
  • 種子島時基氏(皇徳寺台東町内会会長)

コーディネーター

  • 古河春美(鹿児島市安心安全課課長)

パネルディスカッション

発表資料

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局危機管理部安心安全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1512

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?