ここから本文です。

更新日:2016年2月9日

桜島の噴火警戒レベル

桜島の噴火警戒レベルは3です

桜島の昭和火口では平成28年2月5日(金曜日)18時56分に爆発的噴火が発生し、噴石が3合目(火口から2km以内の立入禁止区域内)に飛散しました。

鹿児島地方気象台は、同日19時13分に桜島の噴火警戒レベルを2から3に引上げました。

これまでの爆発的噴火の規模であり、この爆発的噴火による火砕流の発生や被害はありません。

 

噴火警戒レベルとは、気象庁が火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等が「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標。

桜島では、噴火警戒レベル1~3において、市地域防災計画により、南岳山頂火口及び昭和火口から半径2km以内の立入を禁止しています。

 

よくある質問

お問い合わせ

市民局危機管理部危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?