• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 防災・消防・安心安全 > 防災・危機管理 > 8.桜島火山対策に関する情報 > インドネシア・ジョグジャカルタ特別州スレマン県との火山防災等の交流促進に関する覚書締結(平成29年10月25日)

ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

インドネシア・ジョグジャカルタ特別州スレマン県との火山防災等の交流促進に関する覚書締結(平成29年10月25日)

平成29年10月25日(水曜日)に、以下のとおり、インドネシア・ジョグジャカルタ特別州スレマン県との火山防災等の交流促進に関する覚書を締結しました。

覚書締結に至った経緯

桜島は1914年に大規模な噴火を起こし、甚大な被害をもたらしました。また、インドネシアのジャワ島にあるメラピ火山も、2010年の噴火をはじめとして、これまで多くの方々が犠牲となっており、本市及びスレマン県では、それぞれにおいて火山防災対策に取り組んでおります。

このような中、森市長とスレマン県のスリ・プルノモ知事は、2013年7月に、京都大学防災研究所の井口教授のお力添えの中、本市で開催されたヤブセイ2013学術会議でお会いして以来の縁で、2017年7月、森市長が井口教授同行のもと、スレマン県にお伺いした際には、火山防災の視察にあたって格別の配慮をいただくなど、心温まる交流を育んでおります。

今後において、同じく火山に向き合う都市として、被災経験や教訓を共有し、防災対策を高めるためにも、一層交流を深め、あわせて、観光や経済をはじめとする幅広い分野の発展につなげていきたいという思いが一致し、今回、覚書の締結という運びに至りました。

覚書の名称

火山防災等の交流促進に関する覚書

覚書締結の相手方

インドネシア・ジョグジャカルタ特別州スレマン県

覚書の内容

  • 住民の安心安全な生活の確保に寄与するため、両市の火山防災の更なる向上に向けた取組を推進する。
  • 観光、経済面を含めた幅広い分野の発展の可能性を探るため、交流に努める。

覚書締結式出席者

  • 鹿児島市
    森博幸市長
  • スレマン県
    スリ・プルノモ知事

覚書締結式の様子

(左側からスリ・プルノモ知事、森鹿児島市長)

平成25年7月23日ヤブセイ2013でスレマン県知事市長表敬の様子

(平成25年7月23日ヤブセイ2013でスレマン県知事市長表敬の様子)

平成29年7月25日インドネシア現地調査でスレマン県訪問の様子

(平成29年7月25日インドネシア現地調査でスレマン県訪問の様子)

平成29年10月24日インドネシアからの訪問団市長表敬の様子

(平成29年10月24日インドネシアからの訪問団市長表敬の様子)

平成29年10月25日危機管理セミナーの様子

(平成29年10月25日危機管理セミナーの様子)

平成29年10月25日歓迎レセプションの様子

(平成29年10月25日歓迎レセプションの様子)

(参考)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局危機管理部危機管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1213・1513

ファクス:099-226-0748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?