• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 文化・スポーツ > 文化振興・文化財 > 募集・案内 > 第45回鹿児島市春の新人賞受賞者

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

第45回鹿児島市春の新人賞受賞者

鹿児島市芸術文化協会が主催し、鹿児島市、鹿児島市教育委員会が共催で実施している「鹿児島市春の新人賞」は、文化芸術の将来を担う人材の育成と鹿児島市における文化芸術活動の向上発展を目的として、本市を中心に優れた芸術活動を行っている若い芸術家を顕彰し、今後の活躍を期待して贈られるものです。

第45回鹿児島市春の新人賞は、令和元年10、11月に選考委員会が開催され、次の3名の方々が受賞されました。

木浦(飛松) 奈津子(きうら(とびまつ) なつこ)(現代美術・絵画)

木浦奈津子

市内在住・鹿児島工業高等学校非常勤講師

尾道大学大学院美術研究科油画専攻修了。2015年個展「過ぎゆく景色」(東京)、2016年グループ展「In Focus7」(広島)と個展、グループ展で作品を発表。2018年には気鋭の若手作家を対象とした「ローカル・プロスペクツ」出展作家3人のひとりに選ばれている。日常の何気ない風景を瞬間として切り取り、単純化された形と色彩で、どこでもない/どこでもある風景として偶有性を感じさせる作品は独自の世界を切り拓いている。

木場 貴丸(こば たかまる)(タップダンス)

木場貴丸

市内在住・ダンサー・インストラクター

幼少期よりタップダンスを嗜み、鹿児島・ロサンゼルス・ニューヨークなど各地で研鑽を積む。日本舞踊・バレエ・ストリート・コンテンポラリーなどジャンルを問わない様々な分野を採り入れた独自のスタイルを持つ表現者。数少ない日本のタップカンパニーである「TAPPERS RIOT」(東京)のオーディション合格や県内外でのコンサートやセレモニーへのゲスト出演などの実績も豊富で、これからの活躍がさらに期待される。

福原 明音(ふくはら あかね)(チェロ)

福原明音

鹿児島市出身・チェリスト

桐朋学園大学音楽部チェロ専攻卒業及び同大学研究科修了。第59回南日本音楽コンクール弦楽部門優秀賞及び準グランプリ受賞。東京を拠点に、多くのプロオーケストラで客演として演奏を行う傍ら、鹿児島をはじめ全国で室内楽演奏や子供達へのアウトリーチ活動を行っている。真摯な研鑽に裏付けられたみずみずしい演奏が魅力的な若手チェリストであり、今後益々の期待が寄せられている。

過去の受賞者

過去の受賞者一覧(PDF:601KB)

問い合わせ先

鹿児島市芸術文化協会事務局

099-248-7780

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局市民文化部文化振興課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1501

ファクス:099-216-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?