ここから本文です。

更新日:2018年2月28日

beyond2020プログラム募集

オリンピックは「スポーツと文化の祭典」と言われるようにオリンピックの開始前から様々な文化事業(文化プログラム)が実施されます。国においては、この文化プログラムの1つの取組みとして、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機会を生かし、日本文化の魅力を発信するとともに、2020年以降を見据えた共生社会、国際化につながるレガシー創出のため「beyond2020プログラム」を実施しています。

beyond2020プログラムとは

2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を生かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証し、ロゴマークを付与することで、オールジャパンで統一感をもって日本全国へ展開するものです。

  • 日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化につながるレガシーを創出します。
  • 営利活動、非営利活動に関わらず、文化に関わる幅広い活動を対象とします。
  • 公的機関のほか、民間事業者、その他任意団体等幅広い方にご参画いただけます。
  • 認証を受けた事業・活動は「beyond2020ロゴマーク」を使用することができます。

オリンピック・パラリンピックの文言は使用できません。

beyond2020プログラムの認証要件

日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化につながるレガシーを創出するため、以下を認証要件とします。

(1)日本文化の魅力を発信する事業・活動

日本文化とは、伝統的な芸術からクールジャパンとして世界中が注目するコンテンツ、和食などの食文化、祭りや伝統的工芸品など、多様なものを含んでいます。

(2)多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動

障害者にとってのバリアを取り除く取組

例)車いす観覧スペースの確保、点字パンフレットの作成、ポータブル字幕器の貸し出し、手話通訳者の配置など

外国人にとっての言語の壁を取り除く取組

例)外国語パンフレット・ホームページの作成、外国語字幕の映像、外国語スタッフの配置など

beyond2020プログラム認証のメリット

(1)ロゴマークの使用

  • ロゴマークは、サイン、看板や告知物、販促物、商品等に使用できます。
  • ただし、ロゴマークは国際商標には対応していません。

(2)WEBでの紹介

申請等について

鹿児島県では、鹿児島県内に拠点がある者又は鹿児島県内で事業・活動を行う者について、beyond2020プログラムを募集しています。申請方法など詳細は、県のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

市民局市民文化部文化振興課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1501

ファクス:099-216-1128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?