ここから本文です。

更新日:2015年12月11日

DV防止

DVに関するデータ

DV(ドメスティック・バイオレンス=配偶者等からの暴力)は、年々増加する傾向にあります。

ここでは、鹿児島市におけるDV相談件数と、男女共同参画に関する市民意識調査(平成22年9月実施)における、DVに関するアンケート結果を一部抜粋してお示ししております。

1.鹿児島市におけるDV相談件数

鹿児島市における女性からのDV相談件数
和暦(西暦) サンエールかごしま相談室における相談件数 女性相談室(こども福祉課・谷山福祉課)における相談件数 鹿児島市合計

平成22

(2010)年度

327件

67件

394件

平成23(2011)年度

340件

101件

441件

平成24

(2012)年度

404件

150件

554件

平成25

(2013)年度

568件

181件

749件

平成26

(2014)年度

537件

240件

777件

 

2.男女共同参画に関する市民意識調査(一部抜粋)

出典:鹿児島市男女共同参画に関する市民意識調査(平成23年3月)

※その他のアンケート結果はコチラをご覧ください。(PDF:609KB)

(1)DVに対する考え

DV防止対策委員会

1.DV防止対策委員会の開催状況

第1回平成25年8月16日(金曜日)

  • 既存データによる現状把握

第2回平成25年10月22日(火曜日)

  • 目的・具体的な目標(案)の検討・決定

第3回平成26年2月21日(金曜日)

  • 対象者・取組内容・実施方法等の検討

第4回平成26年5月8日(木曜日)

  • DV対策の現状に関する意見交換
  • プレ現地審査に向けた発表資料検討

第5回平成26年7月17日(木曜日)

  • DV防止に向けた取組内容に関する意見交換
  • プレ現地審査に向けた発表資料検討

第6回平成26年10月1日(水曜日)

  • プレ現地審査発表リハーサル
  • 事故やけがに関するアンケート調査検討

第7回平成26年10月23日(木曜日)

  • プレ現地審査発表

第8回平成27年2月6日(金曜日)

  • DV防止に関する対象者・取組内容・実施方法の検討
  • 評価指標の検討

第9回平成27年5月15日(金曜日)

  • DV防止に関する対象者・取組内容・実施方法の検討
  • 評価指標の検討

第10回平成27年7月15日(水曜日)

  • 現地審査発表に向けた発表資料検討

第11回平成27年9月2日(水曜日)

  • 現地審査に向けたリハーサル

第12回平成27年9月30日(水曜日)

  • 現地審査発表

2.データなどの根拠に基づき、DV防止分野の具体的な目標を決定しました。

目的

具体的な目標

DVの防止

(1)若年者に対する予防啓発の充実

(2)DVの正しい理解と気付きの促進

(注)モデル地区は、全市的な取組展開のため設定なし

3.DV防止対策委員会委員からの主な意見等

DVを取り巻く実状について

  • DVは潜在化している。今は膿を出す時期だ。
  • 行政等の作ったパンフレットの認知度低い。せっかくいいモノを作っているのにもったいない。
  • DVはいじめや児童虐待、高齢者虐待ともつながっている。他の分野別対策委員会との連携も重要だ。

子どもへの教育について

  • デートDV教育は人権教育の中でも、恋愛という親密な関係でおきる特殊なものだという予防教育が必要だ。
  • デートDVについては、小学生からの教育も必要ではないか。

潜在化の防止について

  • デートDV教育では、親の意識も変えることが重要だ。
  • 被害者救済も重要だが、予防がテーマであれば、若者やDVに気付いていない人への啓発を最重要取組みとすべきではないか。

委員の皆様からは、上記以外にも、多くのご意見等をいただいております。

4.取組の一部をご紹介します。

(1)若年者に対する予防啓発の充実

  • 中高校生・大学生等を対象とした予防教育「デートDV講演会」の実施
  • 鹿児島大学のサークル「ピア☆ぴあ☆かごしま」による「ピアエデュケーション」の実施など

(2)DVの正しい理解と気付きの促進

  • DVの相談先を記した「カードサイズDVリーフレット」の配布
  • パープルリボンツリーや街頭広報活動などの「パープルリボンキャンペーン」の実施
  • 相談員の資質向上を図るための被害者支援者向けの各種研修を実施など

デートDV講演会の様子水族館におけるパープルリボン広報活動の様子

 

DV防止対策委員会の様子

大学の有識者をはじめ、医師会や弁護士会、臨床心理士会、母子生活支援施設、民間支援団体、警察や県・市の行政といった関係団体が一緒になり、DVにまつわるデータの現状分析や課題の抽出、DVを防止するための予防策などについて協議を重ねています。

DV対策委員会の様子

DV対策委員会のワークショップの様子

プレ現地審査の様子

DV防止対策に関する発表の後、審査員の先生方と対策委員会委員による質疑応答が行われ、来年度に予定されています本審査に向けた取組へのアドバイスをいただくなど、有意義な審査となりました。

プレ現地審査の様子プレ現地審査の出席者たち

 

 

現地審査の様子

DV防止の取組や、その取組を評価する仕組み、関係機関の連携などについて発表・アピールを行い、審査員からは概ね好評をいただきました。

DV防止対策委員会では、2.に掲げました2つの目標達成のため、今後もいろいろな取組を検討・実施していきます!

DV防止対策委員会現地審査の資料はコチラ(PDF:1,518KB)

現地審査の様子

現地審査の記念写真

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局市民文化部男女共同参画推進課

〒890-0054 鹿児島市荒田1-4-1(サンエールかごしま内)

電話番号:099-813-0852

ファクス:099-813-0937

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?